違反になるの?夜間の信号待ちでヘッドライトを消している車

夜間の信号待ちでヘッドライトを消している車、厳密にいえば道交法違反といえる。
対向車からの被視認性を考えても消灯にメリットはない
信号待ちのマナーとしてヘッドライトを消すことが当たり前とされていたが、マナーとしてはOKでも、道路交通法では夜間走行中にはヘッドライトを点灯する必要があり、点灯する時間は“日没から日の出まで”と明記されている。
信号待ちでヘッドライトを点けていると対向車が眩しいのでは?
最近のクルマにはヘッドライトレベライザーといってロービームの光軸を調整する機能があり、また自動で調整するタイプもあるので、対向車はそれほど眩しくない。
ヘッドライトは対向車や歩行者が眩しいと思わないように設計されている。
ヘッドライトを点灯するのは前を照らすためだけでなく、周囲に自車の存在を知らせる目的も!
バッテリーの消耗を気についても、オルタネーターの性能が低かった時代は、アイドリングでヘッドライトを点灯しておくのはバッテリーあがりを減らす方法でしたが、現在はバッテリー電圧をクルマは常にチェックしているので、心配する必要は有りません。