エコ運転しているつもりがエコじゃない

ゆっくり過ぎる加速はエコじゃない

アクセルワークを代表とするエコな走り方をする人は多い。

やり過ぎなエコな走りを考えなく行うと周りの迷惑になり

本当にエコなアクセルの踏み方とは

現代のクルマであれば寒い時期でもアイドリングは安定しているため、停止したままでのアイドリングは不要

燃費向上のため、あまりにユックリとダラダラと加速するのは実は思ったほど燃費は良くならないケースが多い

不快な加速Gを防ぐ意味も含めアクセルをガバっとではなくジワっと踏み、50キロ、60キロといった目標とする巡航スピードまでスパッと加速すること。

どんな場面でもポイントになるのはルームミラーやドアミラーで後続車をマメに見て、車間を詰められるなど、後続車がイライラしていないかを頻繁に確認することだ。