関空で一夜をどう過ごす? 早朝、深夜便利用時に仮眠スペースを確保するには

関空で一夜をどう過ごす? 早朝、深夜便利用時に仮眠スペースを確保するには

関空で一夜をどう過ごす? 早朝、深夜便利用時に仮眠スペースを確保するには無料の休憩スペースから24時間営業の有料ラウンジまで

関西空港は、早朝から深夜まで過ごせる無料、有料の施設が揃っている、アジア系LCCの早朝深夜発着便が増え、国内外の利用客が空港で過ごすことが多く、施設が増えていった。

第1ターミナルは1階から4階まで、24時間開放していて、空いているベンチで仮眠を取ることが可能です。

24時間営業のコンビニや飲食店があり、国際線ゲートエリア中央(北)にシャワー室が設置されています。シャワーの利用は、15分600円です。

第1ターミナルと渡り廊下で繋がれたエアロプラザの2階には、休憩所が設けられています。(エアロプラザ2階の休憩所は22時くらいにはほとんど一杯になってしまう)毛布の貸し出しや、無料Wi-Fiのサービスも提供。シャワー室(15分500円)や自動販売機もあります。24時間営業の飲食店もあります。

第2ターミナルも24時間開放していますが、ベンチの数が少ない。