退職理由の多くは人間関係による疲れ

退職理由の多くは人間関係による疲れ

職場の人間関係に疲れて、仕事を辞めたいという人もいるでしょう。プライベートであれば、気の合わない人とは距離を置くことができ、接しなければ悩みにはなりません。

職場ではそのような甘えは通用せず、どんなに苦手な人でも、仕事上のコミュニケーションが必要不可欠で有り、多くの人が会社の人間関係に疲れて、「仕事をやめたい」と思ってしまうのです。例えば「苦手な人と仕事をしなければならない」「理不尽に怒られる」「嫌がらせやいじめがある」など、さまざまなことがあります。

職場での人間関係に悩む割合は全体の半数に達し、ニ人に一人は人間関係によって、ストレスを抱えているとされています。

毎日苦手な人と嫌でも一緒に協力して、仕事をしないとダメなのでは、精神は疲れ果て、当然のことながら「仕事をやめたい」という気持ちが強くなっていき仕事を辞めると、その後の生活に支障がでてきます。

退職しなくても済む為にも仕事を辞める前に、まずは対処法を実践してみるとよいでしょう。

信頼できる人に相談する

家族や親しい友人、仲のよい同僚など、信頼できる人に相談するとよいでしょう。一人で悩んでいると、客観的に判断できなくなるので、信頼できる人の意見を聞くことで、気持ちが整理しやすくなります。

また、人に話すだけでもストレスの緩和となり、自分では考えつかなかった解決方法が、見つかる可能性が高くなります。

第三者に相談する

上司や人事部など、第三者に相談するとよいでしょう。まずは、直属の上司に相談をする。上司との関係で悩んでいる場合は、直接人事部に相談する。相談して違った視点からのアドバイスをもらうことで、問題の解決策が見つかる事も?

また、多部署への移動を願い出るという切り口で相談することも、一つの方法として挙げられます。但し 上司との関係性や、相談内容にも気をつけて、相談するようにしましょう。

仕事だと割り切って、自分の仕事に集中する。

また、すべての人とうまく付き合う必要はないと考えることで、気が楽になる場合もあります。ただし、挨拶を怠ったり、悪口や陰口を言ったりしない事です。