トップ営業マンは自分の特別を上手く利用している!

短時間で成果をあげるには自分の特別を使おう。
「あなたから買うことに価値がある」
「あなたから買えてよかった」
とお客さまに思ってもらえるようになるには、あなたの「特別」を売ることです。
営業が売るべき「特別」とは、
あなたの「好きなこと」や「興味のあること」
あなたにとって「特別」なことです。映画、時計、外食、野球……、なんでもかまいません。
営業は自分の「特別」を売りなさい
よく売るブランド店員の「洋服とオシャレが大好き」という「特別」がお客さまにとって価値となります。自分の勤めるブランド店のアイテムすべてが頭に入っているので、どの様にコーディネートすれば、その人がいちばん引き立つかを瞬時に提案できるうえに、すでにお客さまが持っているほかのブランドのアイテムとの組み合わせも提案してくれると、彼から買いたい」と人が集まってくるのです。
人は価値あるものにはお金を出すから、特別をお客さまに還元することに全力を尽くすことで、売り上げがついてきます。
トップ営業になる人は特別な才能を持っているのではなく、誰しもが持っている特別なことを活用しているのです。
特別と時間をうまく活用することで、誰もがトップ営業マンになれるでしょう。