定年後の確定申告とやってはいけない事

◎税金
税金関係の申告について。退職金にかかる所得税や住民税は会社から支払われる段階で源泉徴収されるので、一般的に確定申告の必要はないです。
定年後、再就職せず個人事業主として一定の所得を得た場合は、自分で確定申告をする必要がある。
確定申告をすれば、自動的に市区町村へ申告内容が伝わるので住民税の申告は提出せずとも国民健康保険の保険料も申告した所得で決まる。
源泉徴収のサラリーマンには無縁だった確定申告は煩わしいものですが、納税は国民の義務です。
確定申告をすることによって、納めすぎていた税金が戻ってくる場合も少なくないので、面倒くさがらずに取り組んでください
◎定年後の手続きでやってはいけないことは再就職するつもりなのに年金を繰上げ受給する事です。
再就職先の給与次第では年金が大きく減額されます。
年金を繰上げ受給しつつ、失業保険も受給しようとすると、年金が支給されなかったり、減額されたり、二重三重の損を招くことに!
有利なほうを選択するのは大切だが、欲張りすぎるとかえって損することになります。