確定申告、青色申告と白色申告年間控除額に大きな差があります。

開業届を提出していない個人事業主が29.3%
青色申告承認申請書を提出していない事業所が31.3%あったという。
開業届を提出していない理由は
特に理由はないが60.9%
提出するメリットが分からないからが19.8%
青色申告承認申請書を提出していない理由は特に理由はないが58.4%
提出するメリットが分からないからが26.0%

確定申告の際に白色申告と青色申告では年間控除額に大きな差が出る
白色申告よりも控除額の大きい青色申告、例えば月収30万円の事業では、その年間納税額が16万3550円少なくなるという。
開業届や青色申告承認申請書を提出せずに白色申告を行っている個人事業主の中には、こうした本来受けられるはずの青色申告のメリットを最大限に享受していない事業者が存在する。
事業を手伝っている家族が1人以上いるとした事業主が計55.6%
青色申告承認申請書とともに青色事業専従者給与に関する届出書を提出することで、家族への給与支払いを経費にできる。
開業・廃業届の準備と提出にかかった時間は平均11.2日
青色申告承認申請書の準備と提出にかかった時間は平均11.2日

クラウド会計ソフト freeeを利用することで、複式簿記の知識がなくとも青色申告様式の確定申告書を簡単に作成できる。
事業用に新たに銀行口座を開設したい利用者が、ジャパンネット銀行の口座の開設申し込みを開業 freee上で行えます。