ホンダの小型EV、eプロトタイプ

小型EV、戸惑いから自信へ
ホンダeプロトタイプを投入するにあたり、どのような議論をされましたか。
最大の議論は、『どの部署で作るか』
小さなサイズのEVを作るにあたって、最適な部署を探すのがたいへんで、社内の問題というより、本質的にこのクルマが抱えるハードルが理由です。
EVを市場が高評価するのには、最大の理由としては航続距離を伸ばす事ですが、これに応えるには大きなバッテリーを載せればいいのです
しかし、eプロトタイプは小さいクルマで、かんたんにクルマを大きくするわけにはいきません
作りたいものと、作れるもの、を明確に切り分けることは、案外難しいのです
いかにして、進行に持ち込めたのでしょうか。
何より、市場からのポジティブな声が大きく、これが後押しとなって、『小さなEVはイケるぞ』何より、EVは市街地で使うのに向きます。
『市街地』×『EV』×『小型』という3拍子が揃ったことで、戸惑いから自信へ変わったのです。