高速道路120Km/hの時代へ向けて、試行開始!

3月1日の10時、規制速度を120km/hに引き上げる試行が始まった。
新東名高速道路 新静岡IC(インターチェンジ)~森掛川IC間
東北自動車道 花巻南IC~盛岡南IC間
新東名では2017年11月から、
東北道では12月1日から、規制速度を110km/hに引き上げる試行がスタート。警察庁ではこれまで1年以上の期間を掛け、試行によって一定の安全レベルを確保できたとの判断を行ない、新たに規制速度を120km/hに引き上げる試行が実施。

新東名、東北自動車道の120km/h試行がいつまで続けられるかは明言されてないが、試行による速度変化や交通事故などの発生状況、季節ごとの変化などの影響を含めて分析を行なうため、最低でも1年は実施する。
試行の対象となるのは
新東名 新静岡IC~森掛川IC間の約50km
東北道 花巻南IC~盛岡南IC間の27km。
 試行開始の当日に新東名の対象区間において、120km/h区間の開始直後には、100km/h前後で走行している、クルマを積極的に追い抜いていくようなクルマはあまり見られなかった。
規制速度120km/hの試行区間は、新静岡ICの2kmほど手前からスタート。

120km/h走行試行区間は森掛川ICから2kmほど手前で終了となっており、区間終了のポイントより手前側には試行区間が終わることを告知するイエローの大きな看板が道路脇の両サイドに2か所ほどあり、区間終了の看板と合わせて3か所に用意され、タイミングわるく大型トラックなどの走行と重なったりしない限り、区間終了までに見落とす危険はないよう配慮されていた。