コンビニオーナーの声(労働の実態)悲鳴

コンビニオーナーの声(労働の実態)悲鳴

コンビニ経営を始めて5年間、1回も休んだことが無い
夜勤・朝勤・夕勤のどれかに毎日、入っている
深夜はバイトがいますが、人が足りない
本部に支払うチャージを下げてでも、人材確保をしたい
最低時給では募集をかけても人は来ない
24時間営業はきつい
本部のアドバイザーに相談しても夫婦でシフト入って、人件費を削減してとしか
仕入れを減らすと本部がとんできて、なぜ商品を入れないか、理由を説明しろと
本部からは商品をもっと仕入れてくれ、仕入れないと更新時マイナスになり、契約できなくなるかもと
更新の審査を控えていますが、続けられるのか?
今の絵利益では税金や保険料を支払えない?
精神的に疲れており、多分やめる
コンビニを2店舗経営で、赤字ですでに1000万円以上の借金をしています
店長が辞職を申し出て来ました
本部に人手不足になるので1店舗手放したいと相談すると、違約金として800万円の請求が来た
給与アップをして残ってもらい、泣く泣く続けている
台風で2日間停電した時もなんとか営業出来ませんか?の言葉だけで、本部からは誰も来無かった
10年で200円ほどの時給アップがありましたが、本部はオーナーがシフトに入って人件費を削ってくださいと
最低賃金が上がって行くと全国のコンビニはどうなるのか?
コンビニ経営というのは、一度契約したらオーナーの人権より24時間営業の契約が絶対
店には私たち夫婦の他に、従業員が1人しかいないので、休みもなく、毎日16時間労働
1人の従業員を休ませるために、私たち夫婦で、週2回は36時間連勤
数年前に体の異変を感じ、病院でそのまま3週間ほど入院することに、退院して2~3日後、本部側からいつまでも本部の社員を使うと高くなるよ、事前に有料だとは聞いておらず、1時間2000円で計算され、数十万円を請求された
何度も本部に寝る時間が欲しい、応援が出せないなら夜だけ閉めたいと言いましたが、無駄、イスに座って壁にもたれ仮眠、立ったまま、睡魔におそわれながらフラフラの状態
病気で入院、人手不足から、本部に手伝ってもらい、何の説明もないまま、本部からの助っ人の給料として時給2000円、月65万円を(有料だとは知りませんでした)
承諾無しに天引きされることがよくあります
人手不足で、休みは1日もなく、16時間以上働いています
本部にあるオーナーの相談を受ける部署は、名ばかりのお飾り状態、SOSを出すと、暖簾に腕押し
決定的な解決にはならないような回答をされ、お金だけ回収できれば良いという事か?
アルバイトを募集しても簡単に集まる時代ではなく、オーナーの長時間労働が問題に
アドバイザーの中には、店の利益ではなく、本部の利益を第一に考える人もいます
コンビニでは会計上、売れ残りが出ても、本部の損失は小さくて済みます
店に大量の仕入れを要求する一方、人手不足など、本当に苦しい相談には協力してくれない
24時間のコンビニにとって、人件費負担は大きい
最低賃金が上昇する中、オーナーの収入自体が減っており、24時間営業を維持するのであれば、本部に払うチャージを減らすなどのサポートが必要といえるでしょう
24時間はもう限界
セブンイレブンのオーナーが営業時間を短縮したところ、本部と対立