賢く申請して年金をお得に!

年金大減額は受給開始年齢を75歳に引き上げなどが予想されるが、受給者、毎の賢いもらい方の重要性は増している

問題は、年金の各種申請書や届け出は複雑で記入漏れ、申請ミスが起きやすいこと

年金を増やすための制度の手続き

国民年金は40年間の加入で満額受給(月額約6万5000円)

条件を満たしていない受給者は多く

定年後に任意加入制度を利用し、不足分の保険料を支払うことで、生涯受給額が、得するケースもある

第1号被保険者の、保険料に毎月400円を追加して納める付加年金

上乗せされる年額は(200円×付加保険料納付月数)

例えば、20年間納めると総額9万6000円の保険料に対して、年間4万8000円の年金を生涯支給)、わずか2年で元が取れるので非常に得な制度

2つの得する年金は、国民年金被保険者関係届書という書類を出して手続きを進める

制度を知らなかったことによるもらい損ね、申請ミス、記入漏れも、役所から教えてくれない

正しい知識で、自ら動くことが、人生100年時代の年金戦略