定年後の健康保険0円に秘策がある!

定年後の健康保険0円に秘策”扶養入り!

年金100年安心プランは一体どこへ!

当時の試算では1961年度生まれ男性の標準年金額は32万円が今や20万円台すら風前のともしび

70歳支給開始まで検討され、庶民は国を上回る賢くなる必要があります

定年退職する際、妻が健康で子が独立していれば、サラリーマン人生はまずまずだった

年金の条件はどんどん悪くなり、無駄な出費は極力抑えないとね

サラリーマンが会社を定年退職した場合、健康保険については次のような選択肢がある

1、再就職、嘱託として社員の4分の3以上勤務する場合も引き続き会社の保険に加入できる

2、国民健康保険(75歳以上は後期高齢者医療制度)に切り替える

収入によって保険料に差異はあるが、年金生活者なら月額1万5000円弱が目安

3、任意継続被保険者になって会社の健康保険を継続、2年間の期限付きだが、人間ドックなども現役同様に行えることが多い

4、息子や娘、あるいは妻がまだ会社に勤務していれば、その「被扶養者」に入ってしまう方法だ。

60歳以上の方で子の被扶養者になれる条件

1人当たりの年間収入が180万円未満、かつ同居の場合は扶養者(子など)の収入の半分未満

別居の場合は収入が扶養者からの仕送り額未満などの基準があります

戸籍謄本(抄本)、住民票、収入の確認書(課税証明書、年金証書など)、別居時は仕送り額が確認できるもの(預金通帳の写し、現金書留の控え)が必要

最近は多くの自治体で親元での近居でも補助金を出すケースが増えている。

息子や娘夫婦が新居を探しているのなら、同じ自治体がオススメ

2世帯住宅などで同居できれば、固定資産税や光熱水費などでメリットは大きい