定年後どれだけ稼いでも年金減額されないのは?

定年後どれだけ稼いでも年金減額されないのは、厚生年金に加入しない働き方

そうすれば、年金を早くから受給して得することができる

雇用延長、再就職などで、厚生年金に加入すると、在職老齢年金の枠により年金をカットされる、(65歳までの方が給料と年金の合計が28万円を超えると超えた額の半分が年金からカット)のですが業務委託契約などで、独立し厚生年金に加入しない働き方だと、年金がカットされない

そのためのポイントは何か

独立・開業して元の会社と業務委託契約を結ぶ

在職老齢年金によるカットを免れる働き方

この時武器になるのが、国家資格などの資格です、業務委託契約の交渉が有利に運べる可能性大です

資格の取得とともに、現役時代からの得意分野で、知識や人脈を最大限活用する考え方が大切

再雇用や再就職でも同じで、定年前のキャリアを活かして収入が増えれば、仕事への意欲も湧きます

実際の求人で資格が条件となることはありませんが、仕事に就いた後に資格を取得し、その後、条件のよい物件にステップアップする人もいる

業務委託なら収入が増えても年金はカットされないし、定年がなくて70歳以降も働き続けられます

趣味が高じてとった、DIYアドバイザー、2級造園施工管理技士を持っていると、ホームセンターの販売の現場では重宝されます

定年前から持ち味を磨くことが、年金と仕事による収入を最大化するためのカギ