これからの高齢者は収入アップの方法を検討し、実践する事が肝心!

金融庁が高齢夫婦が退職後30年暮らしていくには、年金以外に約2000万円が必要と報告書を公表!

・報告書の問題点は、前提としている月収20万円得られるというのは、モデル世帯が厚生年金で得られるお金です
・国民年金の人はとてもこの収入ないわけで、国民年金だけで老後を考える人は2000万円の赤字どころじゃなくて5000万、6000万の赤字
・本質的なところがすっぽり抜け落ちています
・非正規雇用労働者が全体の37・3%
非正規雇用の労働者が、これだけ増えていて、退職金もほぼない
・国民年金だと、モデル世帯の年金収入にはとても届かないわけです

☆今更、貯蓄を増やせと言われても、定年直だと難しいので、これからの高齢者は年金プラス仕事で収入アップの方法を検討しておく必要が有ります