三菱UFJ銀行と三井住友銀行 ! 店舗外の現金自動受払機(ATM)を共通化9月後半予定!

三菱UFJ銀行と三井住友銀行
9月22日に店舗外の現金自動受払機(ATM)を共通化
利用者はどちらのATMで預金を引き出しても
平日日中の手数料(108円)が無料
共通化で利便性を高め
両行はそれぞれ300~350カ所のATMを廃止しコスト削減
ATMの共通化は全国に店舗を持つ、メガバンクの間では初めて(一部地銀の間で実施されている)
従来、他行のATMで預金を引き出す際には平日日中で手数料108円が、手数料無料になる
両行は店舗外のATMが、計約2800カ所
近接する場所にあるATMを廃止する
両行の利用者にとっては無料引き出しができるATMはこれまでより増える
ATM1台の維持・管理費は年間約700万~1000万円
近接するATMの廃止で、両行とも年間20億円以上のコスト削減効果
通帳の仕様が異なるなどの理由で参加を見送っているみずほ銀行についても、参加要望があれば応じる考え