成果主義はNG! 部下のマネジメントで大切な事!

成果主義はNG!

部下のマネジメントで大切な事!

成果主義はただの放任、手抜きだ!

成果さえ出せば、プロセスは気にしない

数字を取るためなら何をしてもいい

と言う上司いわゆる「成果主義」「結果主義」の人たちです。

それは「自分で考えて、結果を出しなさい」と言うこと

任せることは、部下の裁量を重視して自由にやらせる、懐の広い、優しい上司のように見えるが、実際には、それはただの放任にすぎず、単に手抜きしているだけ

部下の自主性に任せるのは、かなりレベルの高い方法なのです

社会人にはレベルがある

<レベル1>新入社員から1、2年目のヒラ社員

<レベル2>主任クラス

<レベル3>課長クラス

<レベル4>マネージャークラス

成果主義を取っていいのは、ある程度の経験と成功体験を積んだ、レベル4のマネージャークラス(ゴールだけをセットしてプロセスは自由に、お互いにストレスもなく、可能性が広がる)

それ以下のレベルの人たちに対しては、もっと具体的な指示が必要

何を、何日までに、上司に戻せるかまでをきちんと指導

社会人は年齢ではなく社会人何年目かで、判断する

社会人年齢の1歳の人に勝手にやってごらんなさいとはいえないです、自分がお手本となってやって見せたり、手取り足取り教えてあげたりする

成果主義=放任は

会社の成長を妨げる要因のひとつ

誰が何をするべきか?

入社すぐの新人でもできるような体制をつくる

真剣にはなっても深刻にはなるな!

成功し続ける会社は、社長や上司が元気で明るい!

社長や上司は真剣に考えてもいいですが、深刻には決してなってはいけない

成功している上司は、真剣に考えている

うまくいっていない上司は、深刻に考えてしまう

真剣と深刻の大きな違いは?

・深刻というのは、感情に任せることで、人間は、何か重大な物事が起こると、種を保存しようとする機能が働いて、本能的にネガティブなことを考え最悪の事態を回避しようとする

守りに入る=失敗は許されないから、後ろ向きに・・結果、表情も硬くなり、暗くなる

・真剣というのは、意志の力で考え、起こったことを自分の力でなんとかするには、どうすればいいだろう?と前向きに未来への対策を講じて動くので、結果として明るくなる

真面目な方程、深刻になりやすい傾向にあるので、深刻に考えるのをやめて、真剣に考えるようにしましょう

前向きなことをやってうまくいかなくても、どっちみちダメになるのならば、やってみてもいいのでは?

これまで守りに徹していた方が、急に攻めに転じると成功する確率も上がってきます

上司の元気は会社の元気!

何があっても感情に流されず、できる方法を考える!

部下に「イエス」と言わせる技術

今忙しそうなAさんに(頼みたい仕事は未経験でハードルが少し高いもの)ある仕事を、依頼したいと考え、Aさん、この仕事、お願いできるかな?

Aさんはーーすみません、今、仕事をいくつか抱えているので、ちょっと難しいですと断りを入れてきました

そのような場合、知っているよ!

できなくて当然だと思うのだけれど、やってほしいんだ。できそう?

知ってる知ってる、その上でね、お願いしているんだ、たぶんこの会社で僕以外にこの仕事ができるのは、あなたしかいないと思うからとお願いすると

部下は中途半端に引き受けて、きちんとできなかったら!

自分の責任問題になるのでは!

と心配しているかもしれないので、ハードルを下げてあげるのです

できなくて当たり前だし、もしできなかったら頼んだマネージャーのせい

もしできたら、やった部下の手柄(部下にとって決して悪い条件ではない)

部下に、あまりプレッシャーを与ず、やってみようかなという気持ちにすることが大切

根回し、談合、買収……上等!

社内での風通しをよくするために、うまく事を運ばせるためには

社内での根回しや談合、買収はおおいにやるべき!

この仕事はこの人にやってほしいと思ったら、たとえ相手に断られたとしても、じゃあ、別の人にお願いしようかとは考えず、どうしたら、この仕事をこの人に受けてもらえるか?

手を変え、品を変え、なんとかして相手に引き受けてくれるように仕向ける

軽い根回しや談合、買収は、組織を円滑に回すうえでおすすめ

組織をうまくまとめる秘訣は、手数であり根回し

飲みニケーションをおおいに活用!

飲み会では聞き役に徹する

お酒の場で真面目な話をしても、きちんと聞いている部下は残念ながらほとんどいない

部下の意見を仕入れる場

飲みに行くことに抵抗がある場合には、お茶する時間を取るだけでもいい

ざっくばらんに他愛のないことを話す時間は極力取ることが大切