ゼロからはじめるApple Pay、Suicaアプリの利用方法!

ゼロからはじめるApple Pay、Suicaアプリの利用方法!
iPhoneで、リアル店舗で手軽に支払えるスマホ決済サービスのApple Pay
Apple PayでできないVisaカードの登録はSuicaアプリで!
Apple Payに、いま使っているプラスチックカードのSuicaカードを登録
iPhoneのWalletアプリにSuicaカードの番号と生年月日を入れ、そのSuicaカードの上にiPhoneを置くだけ(残高などが登録されます)
登録したSuicaをエクスプレスカードに設定すれば、ピッとタッチするだけで改札を通過(JR東日本以外のエリアでも乗車出来ますし、全国のコンビニなどで、電子マネーの利用も可能ですので、iPhoneユーザーは導入しない手は無いです)

いままでiPhoneを使っていながらSuicaを登録していなかった人が、なぜ今まで使わなかったんだろうと、便利さに感動する程です
Apple Payを使う上で、不便だと感じている点
1位はバッテリーがなくなると使えない
オートチャージできない(ビューカード除く)
VisaブランドのカードでSuicaにチャージできない(「Suica」アプリ除く)

Suicaは最強の交通系ICカード!?
Suica以外の交通系ICカードはモバイル対応していないので使えません
JR西日本のICOCAや首都圏のPASMO、JR北海道のKitaca、JR九州のSUGOCAなど、Suica以外の交通系IC・電子マネーは、いずれもモバイル端末で利用することができない
モバイル対応している電子マネー
nanacoやWAON、楽天Edyのほか、後払いの電子マネーのiDやQUICPayがあります
iDとQUICPayがApple Payで利用できますが
nanaco、WAON、楽天EdyがApple Payで利用できるない
(今後もApple Payに組み込まれるのは難しい)
オートチャージできない(ビューカード除く)
元々のモバイルSuicaがJR東日本グループのビューカードでしか、オートチャージできない仕組みになっています
VisaブランドのカードでSuicaにチャージできない(Suicaアプリ除く)
(JR東日本のSuicaアプリを利用することでチャージできます)

SuicaアプリでApple Payがもっと便利に!
JR東日本の様々なSuicaサービスを、Apple Payで利用するためのアプリ
Apple Payユーザーであれば入会金や年会費などは不要で利用可能です
SuicaアプリをApp Storeからインストールして、新しいSuicaを発行
(Suicaの発行にデポジットはいらない)

SuicaアプリからSuicaを発行する方法
1.Suicaアプリを起動⇨Suica発行をタップ
2.Suicaの種別を
My Suica(記名式)
Suica定期券
Suica(無記名)
の3つ中から選択⇨発行手続きをタップ
(Suica(無記名)を選択すると会員登録をせずにSuicaの発行ができますが、iPhoneの不具合や紛失時にSuicaの利用停止や再発行手続きができないので、注意)
3.会員規約と特約を読んで同意し、会員登録をタップ
4.会員登録画面でメールアドレスやパスワード、名前や生年月日などの基本情報を入力
5.クレジットカード情報を登録して次へをタップ
セキュリティコードも入力
オートチャージの設定をする場合は、ビューカードの情報を入力
6.金額を選ぶから初回は1000円以上のSFチャージ(入金)金額を設定
登録したクレジットカードまたはApple Payのどちらで決済するかを選択
します。
7.Apple Payの「Wallet」にSuicaが追加されます

SuicaアプリでVisaカードが登録できる
Suicaアプリに登録できるのは、
ビューカード、
JCB、
Visa、
Mastercard、
American Express、
Diners Club、
JR東海エクスプレス・カード
なお、デビットカードやプリペイドカード、海外で発行されたカードなどは登録できない
Apple PayとSuicaアプリは連携しているが、
別のアプリの為、設定できるカードの条件が異なります
Apple PayのVISAブランドのクレジットカードから、Suicaにチャージできませんが、Suicaアプリの決済カードとして登録すれば、SuicaにVisaブランドのクレジットカードからチャージすることが可能になります
SuicaアプリからSuicaにチャージする
Suicaアプリを起動、Suica一覧画面でチャージしたいSuicaを選択
入金(チャージ)をタップ
チャージ金額を選択
金額表示の左下に登録しているクレジットカードのブランドロゴとカード番号下4桁が表示され、そのボタンをタップ
確認表示で内容が正しければ入金(チャージ)をタップ
Apple Payに登録したクレジットカードからも、Suicaにチャージできます
オートチャージの設定
Suicaアプリにビューカードを登録
Suica一覧画面でSuicaを選択
画面右下のチケット購入・Suica管理から
オートチャージ設定で、
残高が500円になったら5000円を入金するなど、条件を指定して設定

Suicaが不要になった時は、チケット購入・Suica管理の
このSuicaを払戻すから操作
払い戻しには220円の手数料が必要
Suicaアプリの利用で、
定期券
Suicaグリーン券
モバイルSuica特急券
などをスマホで購入し、チケットレスで新幹線に乗車可能