ホテルでプラスアルファのサービスを受ける客の条件、ホテル側にとってサービスしたくなる客とは?

ホテルでプラスアルファのサービスを受ける客の条件とは
ホテル側にとってサービスしたくなる客?
わくわくドキドキ、憧れの高級ホテルでの宿泊
そんなホテルから特別扱いされるようなサービスを受けられたら、満足度はとても上がるだろう
ホテルの宿泊客は、同じ値段を払ったからと言って、みな同じサービスを受けているわけではない
ホテルで働いている人も人間だから、客を見てプラスアルファのサービスをするかどうか決めている
ホテル側は客をどのように見ている?
チェックインの時にフロントでは何を見ているのか?
お客様の第一印象、清潔感があるかです
ホテル慣れしていなくても、清潔感のある客は好感度が高い
ブランドものを持っている客でも、清潔感がなかったらそうはならない
好感度は高いほうが良いサービスをしてもらえる可能性は高まります
部屋をアップグレードしてもらった!
チェックインの際、お客様との何気ない会話の中で
誕生日や記念日ということを聞いたら、部屋の空き状況によって、アップグレードやシャンパンサービスもあるかも?
ある高級ホテルではホテルマン全員にシャンパンサービスをする権限があるらしい
チェックインの時に自分から誕生日でと言いにくい人は、リクエストを活用するといい
高級ホテルでは予約時にリクエストを送ることができ、
事前に誕生日である、記念日であるとホテル側に伝えることができる
最初からサービスを期待するのは良くないが、
このようなサービスがあるということを知っているだけで宿泊するときの楽しみが
ホテルマンからみたよいお客様
泊まりにきてやっているという態度を取らない
(横柄なお客様には、正直、プラスアルファのサービスをしたいとは思わない)
何度か訪れたホテルなら、ホテルマンの方を名前で呼んだり、ホテルを訪れるたびに声をかけてコミュニケーションをとったりすれば、覚えてもらえるでしょう
そうすれば、自然とよいサービスを受けられるようにもなるのではないでしょうか