iPhoneの写真や動画を時々整理 、写真の保存方法やカメラの設定方法!

iPhoneの写真や動画を時々整理

写真の保存方法やカメラの設定

マイフォトストリームはWiFiで接続時にiCloudへ最近撮影した写真を自動的にアップロードする機能

他のiPhoneやiPadから閲覧したいときにも便利な機能

通常のカメラロールとともにマイフォトストリームという場所にも同じ写真が保存されるため、余分な容量を消費してしまう原因でもあります

マイフォトストリームの保存期間は30日間だけ、もしくは最大1000枚で、保存期間や上限枚数を超えたものから順次削除される

写真を多く取る人ほど無駄に容量を消費するので、利便性より容量優先ならこの設定をオフに

iCloudフォトライブラリは、iCloudへすべての写真や動画をバックアップするもの

マイフォトストリームと同様にほかのデバイスからも見られる

違う点はiCloudの容量を消費するか否かで、マイフォトストリームは消費されない

iCloudフォトライブラリをオンにして、写真や動画をiCloudへバックアップしても、iPhoneからは削除されません

iCloudが無料で利用できる容量は5GB

それ以上は有料で、有料プランは

50GBで月額130円(税込)

200GBで月額400円(税込)

iCloudフォトライブラリをオンにする

iTunes経由で同期していた場合は、その写真が削除されて二重に保存されることを防げます

有料プラン利用者なら、iCloudフォトライブラリをオンにする

この機能を利用したときは、iPhoneの容量を節約する機能が備わっている

iPhoneのストレージを最適化をチェックし、空き容量が少なくなったときには、閲覧頻度の低いものから、デバイスに最適な解像度に変換して保存され、空き容量が確保されるのです

iCloudには、オリジナルの写真や動画が残るので、いざという時はオリジナルの写真に戻せます

オリジナルをダウンロードにチェックすれば、iPhone上でも常にオリジナルの解像度を維持する一方で、空き容量を確保する機能は無効になる

撮影時に節約する設定は、ポートレートモードとHDRで通常の写真を残すをオン/オフします

ポートレートモードは背景をぼかした写真の撮影ができる

HDRは、3種類の露出で撮影した写真を合成して、白飛びや黒つぶれを抑えた写真

オリジナルの写真が必要なければその分の容量が無駄になるので、オフにしておけば、それぞれのモードで処理された写真のみが残ります

写真のライブラリから不要な写真を削除すると、PCやMacと同様、ゴミ箱を削除しない限り30日間は保管

誤って削除した場合でも、元に戻せますが、削除してもすぐに容量改善されないため、容量を確保するには最近削除した項目から削除を選択し完全に削除すれば容量が改善します、ゴミ箱含みでの容量なのです

◎注意が必要

削除を実行するとiCloudの写真もみんな消えてしまいます

iPhone上からだけ削除したいときは、iCloud上にある写真を別の場所へバックアップする必要があります

iPhone歴の長い人は、これまで撮影した写真や動画がどんどん溜まっています

iCloud以外へもバックアップするという方法で、過去の写真すべてをiPhoneの中に保存する状態から開放出来ます