あなたは大丈夫?クレジットカード、してはいけない8つの行動!

クレジットカード、してはいけない8つの行動 
安心・安全にカードを使うためには?
クレジットカードの利用方法に重大な過失があった場合
不正利用分の補償がされないケースも!
クレジットカードで注意すべきこと、不正利用が行われないように安全にカードを使用する
不正利用された場合、一般的にカード会社が補償をしてくれるが、
その利用方法に重大な過失があった場合は補償が適用されない

重大な過失8つとは
1、家族に自分のカードを持たせる
家族だからといって自分のクレジットカードを持たせてはならない、カード会社の規約違反となるばかりでなく、家族による(罪の意識のない)不正利用を誘発する
家族が、カードを使っていることが明らかな場合は、店舗側も受け付けてくれない
家族にカードを持たせるのなら家族カードを作る

2、カードの署名欄が空欄のまま
面倒だからといってカードの署名欄を空欄のままに!
カードを紛失して不正利用されたときに補償を受けられない
カードが届いたらすぐにサインする
サインをしていない方は意外と多い

3、安易な暗証番号を設定
生年月日や住所、車のナンバーなど、第三者から推定されやすい暗証番号を設定していると、補償を受けられない

4、暗証番号のメモを持ち歩く
忘れなだ時の為にと暗証番号をメモ
メモをカードと一緒にするのは以ての外
カードそのものにメモするのは重大な過失で、補償を受けられない

5、暗証番号の誤入力を繰り返す
暗証番号を忘れてしまい、候補となる数字を手当たり次第に入力すると、一定回数以上の誤入力があるとICチップがブロックされ、それ以降は暗証番号で認証を行うICカードとして使えなくなる(署名による利用は可能)
暗証番号が分からなくなったら、カード発行会社へ連絡して対処してもらう

6、車載器にETCカードを挿入したままにする
ETCカードにはクレジットカード分離型と一体型がある
クレジットカード一体型ETCカードを車載器に挿入したまま盗難に遭い不正利用されると補償されない
これは一体型に限らず分離型ETCカードも同様
車から離れるときやレンタカー返却時のETCカードの抜き忘れない事

7、換金性の高い商品を大量に購入
商品券やギフト券など換金性の高い商品を大量に購入すると、クレジット利用枠を現金化を図っているとみなされ、利用停止や強制退会となる可能性があり

8、カード利用代金を延滞
口座にお金を入れ忘れて残高不足となり、利用代金の引落ができないと、引落されるまで一時的にカードが利用停止となる
カード発行会社からの信用を損ねてしまい、以降は新しいカードを作ったり、ローンを組んだりすることが困難になる

行動次第でクレジットカードはハイリスクなものに、便利なクレジットカードもNG行動をしていると、とたんにハイリスクになる、クレジットカードはその人の信用に対して発行されるもの
信用に値しない行動をとると、カードが一時的に利用停止、更新できなかったりすることがある