iPhoneの通話をもっと便利に安く使う裏技!

iPhoneの通話をもっと便利に安く使う裏技
大手通信会社の通話料は軒並み高い
通話定額を利用しない場合の
料金は30秒20円
長電話になると、料金が高くなってしまう
この料金を抑え毎月の支払額を減らす方法は?

1. 番号そのままで通話料が半額になる中継電話
最近はデータ通信料の単価は落ちているが、通話料は何年間も、30秒20円に据え置かれたまま
大手通信事業者の料金プランに音声通話定額がありますが、たまに通話を使う程度だと、料金の元を取れない
しかし、普段あまり通話しないからといって従量制のプランだと、長電話の際に、料金が跳ね上がってしまう
IP電話アプリを活用すれば通話料を割安にすることはできますが、IP電話には、携帯電話の電話番号をそのまま移すことはできません、友だちに通知する番号としては、少々使いづらく、データ通信が混み合って速度が落ちていると、遅延などが生じてしまう弱点も
そこで、普段の電話番号を使いつつ、料金を抑えたいと、相反するニーズを満たすのが、中継電話サービスです
中継電話とは、電話を接続するための経路を変えて実現するサービスで、電話番号の頭にプレフィックスと呼ばれる6ケタの番号をつけることで大手通信事業者の設備を迂回できる仕組みで、料金はおおむね、大手通信事業者より割安
いつもの電話番号で発信でき、料金が半額
楽天モバイルのサービス、楽天でんわも、その1つ
通話料は、30秒10円と大手通信事業者の半額
あらかじめサービスを申し込んでおき、電話番号の頭に、0037-68をつけて発信すれば、この料金が適用される
電話をかけた相手には、普段と同じ電話番号が通知されます
楽天でんわアプリで発信すると、自動的に電話帳の電話番号の頭に、0037-68が付与され、楽天でんわの料金で通話できます(国際電話も一律で1分20円)
電話の利用量に波のある人向きのサービスです

2. 通話を保留にするには、消音ボタンの長押し
消音ボタンを長押しすると、保留に切り替わる
相手に会話が筒抜けになるのを避けたい時など便利です
iPhoneには通話中に表示されるボタンの中に保留が見当たらないが、保留機能に対応していないわけではありません
通話中に、本体から顔を離すと、画面上に6つのボタンが表示される、左上にある消音ボタンをタップすると、マイクが音声を拾わなくなる
このボタン4~5秒程度長押しすると、消音が保留になる
保留にすると、相手にただいま保留中です、しばらくお待ちくださいとメッセージが流れるとともに、バッハのメヌエット ト長調が流れ、その旨が伝わります
消音では何も音が流れないので、電波が悪いと勘違いされてしまい切られてしまうおそれもあります
相手を待たせる必要があるときは、保留を活用するのが良いでしょう
保留を終了したいときは、同じボタンをタップするだけ
着信と同時に保留にすることはできません(あくまで通話中に保留にしたい時の機能)

3.メッセージでの返信は編集できる
電車での移動中など、電話に出る事が出来ない時、拒否ボタンを押しても、相手に理由が伝わらず、電波の状況が悪かったのかと思った相手が再度電話をかけてしまい、何度も拒否ボタンをタップ、このようなときに便利なのがメッセージで返信する機能
着信中に、メッセージを送信をタップすると、3つの定型文とカスタムを選択できます
定型文は、
現在電話に出られません
向かっています
あとでかけ直しますの3つ
電話に出られないことが簡潔に述べられていますが、短すぎて状況が伝わらない事も(カスタムはメッセージを作成しなければならず、急いで電話を切りたいときには使いづらい)
実はこの定型文は、設定で編集できます
設定→
電話→
テキストメッセージで返信
標準の3つが薄い文字で表示されるため、その上から定型文にしたい文章を入力するだけで編集できます(設定できるのは3つ)元に戻したいときは、入力した文章をすべて消去すればよい
シチュエーションをより明確にし、相手に自分の状況を伝えやすくするために、少し長めの文章に変更する事をオススメします
現在電話に出られません→
電車で移動中のため、電話に出られません、後ほど折り返しますに変更すれば、
自分が移動中で、一時的に電話に出られないことが相手に伝わります

会議で電話に出られないことが多い人は会議中なので、終了後に折り返しますと変更
あとでかけ直します→
今、手が離せないので、終わったら折り返しますとすれば、より丁寧な印象になります

セールスの電話などであまり自分から折り返しの電話をしたくない時は
後ほどおかけ直しくださいに変更しておけば、折り返す必要もなくなる
電話に出られないことが多い人は、積極的に活用したい機能です