2021年からナンバープレート表示が厳格化! フレーム以外に取り付け角度にも規定あり! 2021年4月1日以降登録車が対象!

2021年からナンバープレート表示が厳格化!
フレーム以外に取り付け角度にも規定あり!
2021年4月1日以降登録車が対象!
ナンバープレート表示に関するルール
ドレスアップを目的にナンバープレートにカバーを装着するクルマ、速度違反を繰り返すドライバーが増えたり、文字が読み取れにくい
防犯上のデメリットで、徐々に規制が強化されてきた
2016年4月1日からは自動車のナンバープレートの表示義務が明確化
基準を満たさないナンバープレートカバーの装着は禁止となり、無色透明であろうと装着すること自体が違反で、スモークなどの色つきは当然ながらNG
被覆についてもナンバープレートのすべての文字が判読できなければいけない
文字の一部が隠れるようなフレーム
ステッカーの貼り付けや汚れた状態もNG
ナンバープレートの折り返しや回転しての装着も禁止

2021年から適用される、新しい基準とは?
前面と後面のナンバープレートごとに位置や角度の数値が明確に設けられます
前面のナンバープレートの角度は上下の向きが上向き10度〜下向き10度
左右の向きは左向き10度~左右向き0度
ナンバーフレームの上/下/左右の幅やボルトカバーの直径や厚さまでがひとつひとつ定められます
国土交通省のナンバープレートはイジるなとの強い意思が感じられる

2021年からの新基準が適用されるのは
2021年4月1日以降に初めて登録・検査・使用の届出がある自動車
2021年3月31日までに初めて登録・検査・使用の届出がある自動車は無関係
(現時点で乗っているクルマ、2021年3月31日までに登録された中古車も当てはまらない)
新基準が適用は当然ながらキッチリ遵守し、良識あるドレスアップを心がけるべきです