定年前に引退する、早期退職制度ってどうなの?

定年前に引退する、早期退職!

定年退職までに、早期退職を推進する企業
希望する社員は、退職金の割り増しや再就職の支援などの優遇!
なぜ早期退職に関する制度があるの?
早期退職制度募集人数は昨年の約2倍
企業が早期退職者を募集する理由は、業績不振がほとんどで、事業を縮小するため、早期退職者を募り、人員を減らしているが、
現在は別の理由も?
業績が安定している企業でも、一部の業務をアウトソーシング化する
事業を効率的に進めるための発展的な理由で、早期退職者を募集する
将来を見越して、事業を整理するための早期退職制度導入は、増えていく
早期退職制度(早期退職優遇制度)は、早期希望退職制度
希望退職制度とも呼ばれる
選択定年制という制度もある
この2つの違いは?
会社都合退職扱いの早期退職制度
早期退職制度は、企業側の理由で募集する制度で、募集期間や人数を設定
早期退職者には定年まで働いた場合とほぼ同等の退職金が支払われたり、再就職の支援をしてもらえたりと、社員側のメリットが大きい
近年の応募条件は45歳以降、40歳以降と、年齢を下げて募集をかける企業も増えている(優遇内容や応募条件は、企業によって異なる)
早期退職制度のメリット
優遇だけでなく、会社都合退職として扱われ、雇用保険において特定受給資格者に分類される
特定受給資格者になると、失業保険受け取りまでの待機期間がなく、すぐに受給できるし、受給期間も長くなり、ゆとりをもった再就職先を探し、教育訓練を受ける事もできます

自己都合退職扱いの選択定年制
選択定年制は、人事制度として常設されている制度
早期退職制度と同様に、退職金割り増しなどの優遇がある(内容は企業によって異なる)
対象者の条件として、
勤続年数
45歳以降
50歳以降
55歳以降
など区切りのいい年齢を設定
選択定年制導入の企業では、就業規則に優遇内容や利用条件が明記されている
早期退職を検討している人は、チェックするべきです
選択定年制は、自己都合退職になり、失業保険を受け取るまでに一定の待機期間があり、受給期間も短くなる
企業によっては、社員の今後の為に、会社都合退職扱いにしてくれることもある
社内の新陳代謝を図るため、選択定年制を活用し、人の入れ替えを考えている企業もあります
別の仕事がやりたい人
違う環境で新たなスキルを身につけたい人は
この制度利用も1つの選択肢でしょう
第2の人生のビジョンが固まっている人は、優遇内容や条件を確認するのもありでしょう