スマホ、タブレット、パソコン、テレビ、ゲーム機などネットに接続する機器が多く、速度低下した時の対策とは?

スマホ、タブレット、パソコン、テレビ、ゲーム機などネットに接続する機器!
速度が遅くなってしまうのを防ぐのに、効果的なのが複数のWi-Fiルーターを設置し、ルーターの負担を減らすのです

複数のルーターを同時に使うほうが速い?
携帯電話(家族で3台)
タブレット
パソコン
テレビ
家庭用ゲーム機
と12台ほどネットに接続する機器があり、無線LANルーターも3台用意し、使い分けていても、性能がいいルーターに集中することが多く、結果的にスピードが遅くなる
1台の高性能なルーターのみを使い、使用する機器を時間差で使い分けるのがいいのか?
複数台のルーターに分散させたほうがいいのか?
接続する機器が多いからWi-Fiルーターを複数設置するのは、悪い手じゃないです
3台のスマホが同時にWi-FiでYouTubeの動画を見るとします
1台のルーターに3台のスマホを繋いでいると、1つのルーターのWi-Fi電波を三つに分割する処理をし続けることになり、
三つのルーターで、それぞれ一つずつのスマホを接続すれば、分割処理は発生しません
分割処理は速度ロスの原因であり、ルーター3台のほうが、個々のスマホに対して速い通信速度を提供できるのです
端末の数だけルーターを用意するのが理想かというと、そうでもなく、最近のルーターにはMU-MIMOがあります
アンテナ4本を装備したルーターでMU-MIMOを装備した機種は、アンテナ2本のルーター2台を一つに束ねたものとして作動するのです
4本アンテナのルーターを2台用意すれば、2本アンテナのスマホ4台がロスなくWi-Fiを利用できます
端末の中で、常時高速通信したいのはスマホとタブレット、パソコンなどは、MU-MIMO対応ルーターに接続させ
テレビやレコーダーはあまり速度を必要としないので、速度を気にしない機器は1台のルーターにまとめて接続させる
この方法で、速度低下が防ぐというよりも、ルーターの負担を軽くしてロスを減らすことになるのです
同時通信すれば、光回線を分割することになり、光回線の速度が200Mbspだとすると、
スマホ1台なら占有でき200Mbsp
スマホ3台で分割=1台あたり66Mbspで、これを上限速度として、それ以下にならないようにするのです
複数台のルーターを、端末で使い分けるのが正解!
オススメなのが、スマホなど速度を必要とする機器と、速度を必要としない機器とで、ルーターを分けることです