iPhoneやiPod touch用のOS iOS 13へとメジャーアップデートされてから1ヶ月あまり新機能のおさらい!

iPhoneやiPod touch用のOS
iOS 13へとメジャーアップデートされてから1ヶ月あまり新機能のおさらい!
iOS 13へアップデートできる端末
iPhone SE、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X、iPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPod touch(第7世代)
iPadはiPad OSが専用OSとなり、iPadにiOSをインストールすることはできなくなりました
最新版iOSはいろいろ良くなってますが、アップル公式ページのすべての新機能に書かれています
Bluetooth関連のワイヤレスマウスの接続&利用が、できるようになりました
アクセシビリティ機能の一端としてBluetoothマウスやUSBマウスの接続と使用が可能(画面上に丸いポインタが出てマウスが使える)
手持ちのBluetoothマウスとiOS 13搭載のiPhone XS MaxのBluetooth接続はあっさり接続完了! 
iOS上でマウスを使えるようにするにはもう一手間
設定アプリ→
アクセシビリティ→
タッチの順で開く
AssistiveTouchをオン
以上で、アクセシビリティ機能の一端としてBluetoothマウスやUSBマウスが使用可能
画面上には丸いカーソルが現れます
指先のような感覚で使用し操作を行う
タップ、スワイプ、スクロールなどもマウスで! 

マウス以外では、Bluetooth接続のゲーム用コントローラーも使える
PlayStation 4用のBluetoothコントローラー
Xboxワイヤレスコントローラが使用可能
コントローラーを使ってiOS用ゲームのプレイもできます
ソニー「DUALSHOCK 4 Wireless Controller」をBluetooth接続
コントローラー側のペアリング準備
中央下のPSボタンと左上縦長のSHAREボタンを10秒間同時押し
既にペアリング済みのPS4本体の電源を切っておく
このコントローラーの電源オフはPSボタンの10秒間長押し
電源オンはPSボタンの短押し
すべての操作ができるわけではないですが、今後はゲーム用コントローラーだけでiOS用ゲームが楽しめるようになるのかもしれません

写真が便利になった~♪
純正の写真アプリの写真タブが非常に便利
ブラウズしやすい
編集も手軽
写真タブですべての写真を表示し
サムネイルの大きさを自由に変えられます
横幅いっぱいに写真を広げた大きなサムネイルにも小さなくサムネイルにも
サムネイルサイズ変更はピンチイン・アウト操作
または画面右上のソフトウェアボタンで行います
写真のレタッチも行いやすく
調整処理、フィルタ処理、トリミング処理を行う時に、機能選択と調整を行ったり来たりせず、画面推移がほぼない表示で手早く扱えます
建物の上のほうが小さくなる歪を補正するシフト補正も可能
こういった処理(調整・フィルタ・トリミング)は動画にも適用
動画も静止画と同様に処理後でもオリジナルへと戻せます

見やすく疲れないダークモード!
ダークモードはmacOS Mojaveにも搭載された表示機能
表示色を暗くし、ユーザーが作業に集中できるようになりました
画面が目立ちすぎず、夜間に画面が明るくて周囲に迷惑がかかったりしますがこれが解消されます
ダークモードの使用は設定アプリの
画面表示と明るさから選択
ダークモードにすると表示が全体的に暗くなりますが、文字などの視認性が悪くなるわけではありません
写真を壁紙に使っても、ダークモードは適用され、周囲の明るさに応じて写真の明るさが変化してくれます
端末によってはダークモードの使用がバッテリー持続時間延長
ディスプレイが有機EL(OLED)タイプのiPhone 11 Pro/iPhone XSシリーズ
有機ELディスプレイは各画素それぞれが発光するので、表示色が暗く画面輝度が低いダークモードを使ったほうが電力消費が少ないのです

外部ストレージのファイルが全部読めます
iOSデバイス・外部ストレージ間で自由にファイルをやりとり
ZIPファイルの圧縮・展開にも対応
アップルのLightning – SDカードカメラリーダーを経由し
ファイルが入ったSDメモリーカードをiPhoneと接続
あっさりとSDメモリカードを認識します
カード内のファイルがサムネイル表示され、内容を問題なく表示
PDFファイル、MP3ファイルは簡易的ながらも再生、MP4動画も再生可能

複数のファイルを選択し、右下のメニューから圧縮を選択
アーカイブが完成、ZIPアーカイブの展開もできます
LANでよく使われるSMBファイルサーバーへのアクセスが可能
Safariでダウンロードしたファイル類を一括管理
よりパソコン的に使えるようになったiOS 13搭載端末

長いウェブサイトや長文ドキュメントのスクロール、画面右にあるスクロールバーを長押ししてドラッグすると目的の位置へ自由にスクロールできるようになりました
縦長のドキュメントに現れるスクロールバーを長押しするとやや太くなり、指先でドラッグして画面を上下にスクロールさせられるようになり、超高速スクロールが可能

テキスト編集時のカーソル移動
カーソル付近を長押しするだけでトラックパッド機能に近いカーソル移動ができるようになり、直感的でスムーズなテキスト操作が行えるようになっています
カーソル付近を長押しするとカーソルがやや大きくなり、ドラッグする指に追従して自由に動かせる(追従するカーソルは指の真上)

ユーザーオリジナルのキャラクターのミー文字
ミー文字の作成がより詳細に行えるようになり、メッセージなどに貼って使えるステッカーパックが自動生成されるようになりました

Safariやメモの定番アプリも進化
Safariでは、ダウンロードマネージャが加わり、ダウンロード後のファイルに直接アクセス可能
フルページマークアップ機能はウェブページやEメールや各種ドキュメントなどの縦長ページ全てをスクリーンショット(PDF)として保存
Safariで長~いページをオフラインで読む時などに役立ちます

メモアプリのギャラリー表示
メモのサムネイル表示、意外に探索性が高くて実用的、検索も手軽になり、絞り込んで検索できます
画像が貼られているメモは、サムネイルを一望する程度で見つけやすくなりました
サブフォルダの作成もできるようになり、新しく作ったフォルダを、ドラッグやコマンド選択などで既存フォルダ下にネストさせられます

顔認証ログオン(Face IDのロック解除)が明らかに速くなり、アプリの起動も高速化しました