仕事ができる人! できない人! 考え方の差で大きく変わる!

仕事ができる人!
できない人!
考え方の差で大きく変わる!
仕事の評価は、最終的にお客さんにどんな価値を提供できたかで決まる
そのため、一生懸命にいろんなスキルをつけようとみんなは頑張っています
残した結果、スキルも、そのためにやってきた行動の結果でしかないのです
考え方→行動→結果(シンプルな方程式)
すべては何かしらの行動の結果
行動→結果、とシンプル
行動はどこから生まれる?
すべては私達の頭の中から!
考え方、ものの見方、マインドセットなど!
<考え方>
どんな行動にも、背景にはその人のものの考え方がある
考え方次第で行動はまったく変わり、結果も違ってきます
考え方→行動→結果、という順序になるのです

<仕事がうまくいかないのは>
仕事がうまくいかないのは、あくまでも結果です
仕事をうまくいかなくする行動→仕事がうまくいかないという結果
何故?
仕事をうまくいかなくする行動を取ってしまう
理由は?
仕事をうまくいかなくするような考え方が染みついているから
仕事をうまくいかなくする(考え方)→
仕事をうまくいかなくする(行動)→
仕事がうまくいかない(結果)
という順番なので、仕事がうまくいっている人の行動部分だけを真似ても、効果が出ないのです

<最優先で真似るべきは考え方!>
仕事ができない考え方→仕事ができる考え方にシフト=行動も自然と変わり、結果も出てくるようになる

<仕事ができない考え方→できるようになる考え方へ!>
例えば、このように考えてみる
・周りに自分の力を認めさせたい→どうすれば相手が喜ぶだろう
・こんなことできるわけない→どうすればできるか考えてみよう(問題の分解)
・何をすればいい?→そもそも問題はどこにある?(問題を考える)
・もうだめだ、何をやってもうまくいかない→歯ごたえのある仕事だな、いいチャンスと思って取り組もう(ポジティブ、粘り強い)
・なるべく自分をできる風に見せたい→ダメなところも含めてオープンにしよう
・怖い、自信がない→自信はないけど、自信がある風に行動しよう
・正しい答えは?→自分自身でストーリーを作ろう
・完璧になるまでは他の人には見せられない→サクッと作って早めにアドバイスをもらおう
・とりあえず調査をしないと何もわからない→手持ちの情報と知恵で、いったん最終イメージを作ろう
・会社がだめ、上司が嫌い、環境が悪い、過去にこうしてれば→自分で改善できることは改善し、どうしようもないものはスルー
・あれもこれもやらないと、時間がない→特に重要なものは何だろう? まずはそれに集中しよう

1つずつでもいいので、少しずつ自分の考え方を変えていきましょう
考え方が変わってくれば、行動が変わり、出てくる結果も変わり、さらに考え方も良くなりと、いいサイクルになるでしょう