古いETCが使えなくなる! 古い車載器を使い続けると罰金?

古いETCが使えなくなる!
古い車載器を使い続けると罰金?
2022年12月1日から、一部のETC車載器が使えなくなる?
2030年には新セキュリティ規格が導入されるため、さらに使える車載機器が限定?
ETCが使えなくなることは、死活問題!

<2022年と2030年にETCが使えなくなる理由?>
2022年の電波法の一部法改正により
一部のETC車載機器が使えなくなる可能性?
<2030年にも、セキュリティ機能を向上させるための新規格の導入予定>
利用できるETC車載器がさらに限定されることになる
ETCは2022年と2030年に変革期を迎えるため
使用している車載器を今一度確認しておきましょう
国土交通省およびITSサービス高度化機構、高速道路会社6社は
一部のETC車載器が2022年12月1日以降使用できなくなると発表!
WRC(世界無線通信会議)が2005年に定めた無線通信規則改正で
不必要な電波を可能な限り減らすことで電波利用の効率化を促そうとする内容が組み込まれました
総務省は、2022年に電波法の改正を施行
それに伴い一部のETC車載器が利用不可になります
<改正法の内容>
スプリアス発射の強度の許容値が定められ、比較的初期に生産されたETC車載器は
この基準を超える可能性があるためです
2022年問題=一部のETC車載器が使えなくなる
スプリアス発射とは無線の世界で不要な電波を示します。
本来使用したい必要周波数帯以外の外側に発射される電波のこと
スプリアスが多いと電波障害の原因になり、電波法改正ではスプリアス強度の許容値が厳格化される事になったのです
2022年12日1日以降に、
<旧スプリアス規格を満たさないETC車載器を使用してしまったら、どうなる?>
ETC車載器は5.8GHz帯の電波を使って料金精算の情報を送る無線通信機器
法改正はより精度をあげたスムーズな通信を目指すものです
国土交通省は旧スプリアス規格のETC車載器で通過した際も、安全に配慮した運用になるように検討する としており、料金所通過時にゲートが開かないといったことはないです
しかし、電波法が改正されてからも対応していないETC車載機器を利用するということは違反行為となるのです
<違反すると違反者は刑罰を受けなければならない>
刑罰内容は1年以下の懲役または、100万円以下の罰金となる
公共性の高い無線局に妨害を与えた場合は、5年以下の懲役または、250万円以下の罰金が科せられる可能性も?
早めに確認・対処を行うことです
<2022年問題で使用できなくなるETC車載器の確認方法は?>
2001年から2002年に発売され、かつ2007年以前の旧スプリアス規格で認証を受けて作られたもので、対象機器は初期のETC車載器です(同時期に発売されたものでも新規格に対応している機器もある)
<確認方法は?>
メーカーに問い合わせることが確実
ETC車載器の車載器管理番号を問い合わせ窓口に伝えれば旧規格のものか新規格対応のものかを教えてもらえます

10年後には使用可能なETC車載器がさらに限られる!
2030年問題とは
2030年には電波法以外に
・高速自動車国道法
・道路整備特別措置法
・個人情報保護法などさまざまな法律が関与し
個人情報保護法絡みのセキュリティ面でもETCの規格変更がなされます
国土交通省は
昨今の情報機器の能力向上に伴うセキュリティ脅威の増大への備えとして、
セキュリティ機能を向上させるとしており、2030年ごろまでに、セキュリティ面での新規格を施行予定です
施行されると
旧セキュリティ規格のものは全く使用できなくなるため、新セキュリティ対応のETC車載器を確実に装着する必要があります
すでに新セキュリティ対応のETC車載器は発売済みで、車載器管理番号や車載器の識別マークで確認することができます
<セキュリティ面で使用不可になるETCの確認方法は?>
パッケージ/説明書で確認
車載器管理番号は、
・取り付けの際に受け取ったセットアップ申込書や説明書
・機器が入っていたパッケージなどに記載されている
*車載器管理番号が”1″から始まるものであれば新セキュリティ規定対応機種
*”0″から始まるものは旧セキュリティ規格対応機種
車載器管理番号と型式番号の2つあるので、間違えないようにして下さい
見極め方は
・車載器管理番号は19桁の数字
・型式番号は数字以外にアルファベットも含まれる
ETC車載器本体でも確認できます
・車載器本体に貼られたシールに車載器管理番号が記載されています
ETC車載器の取り付けの仕方によっては、車載器管理番号が見れないこともあります
この場合は一度固定位置から取り外す必要があります
ETC車載器には、規格に応じたマークが書かれています
・○○○のような3つの白丸マークがカード挿入口またはETCロゴの下に書かれていれば、新セキュリティ対応、なければ旧セキュリティ対応です
・ETC2.0であれば、ほとんどが新セキュリティ対応
一部でETC2.0のロゴがあっても□のような白い四角いマークがあると旧セキュリティ対応です
・DSRC ETCのロゴのETC車載器も、旧セキュリティ対応です
車載器管理番号もマークもわからない場合は、ETC車載器のメーカーHPまたは電話で直接で確認するしか方法はないでしょう
・アンテナや本体のタイプ
・使っている車載器のメーカーを把握
メーカーのHPの記載と照らし合わせて確認
それでもわからない場合は車載器を購入した販売店
新車または中古車を購入した際の販売店に持っていって確認してもらいましょう
ETC車載器の装着率は全体で92.1%
ほとんどのドライバーがETCを利用しているので、2022年/2030年問題は他人事ではないですので、装着しているETC車載器を確認してみてください