定年後の働き方まで考えると! 会社員が若手に威張るのは絶対NG!

定年後の働き方まで考えると!
会社員が若手に威張るのは絶対NG!
若手社員にどう接するかは、将来の自分の収入にも影響?
会社員が若手社員たちに接するときは、厳しさだけで接してはいけない
年の離れた人間関係の構築が、自分の人生にどう影響するのか?

「先日の会合、誰か若いいい人がいたらスカウトしようかと思って行ったんですけど、途中から考えが変わったんですよ。あの場にいた人々って
我々よりも10歳ぐらい若い方たち、自分が60歳で定年退職した後も仕事しようと考えるなら、その頃、業務委託等で仕事をくれる権限を持っているのは彼らの世代。
物わかりのいいオッサン”的に振る舞い、15年後に何らかの仕事を彼らからもらう、という考え方も大事なのではないか
将来、社内だけでなく、社外のネットワークからも仕事がもらえるようになりたいからこそ、同業の各所にネットワークを広げて、知り合いというか自身のことをよく思ってくれる人材を確保して、将来的な収入獲得につなげようと考える
年上の人々にヘーコラしたり媚びへつらって覚えを良くするというよりは、別組織の若者に
・仲良くしてもらう
・心掛けたのはとても簡単なこと
・威張らない
・敬語を使う
・飲み会でお金は少し多めに払う
・社外に自分のことを悪く思わない、信頼してくれる人を作っておくべき
自分がうるさい高圧型の上司だったら、当時の部下はきっと、定年後の自分に仕事を回してくれない?
確かにそうですね。嫌な思いをさせられた元上司と仕事したいなんて思いわないし、
定年後もイバられたらたまったものではないです
会社員である以上、いずれ定年はやってくる
現在は、定年後も働かなくては食べていけない時代
常に年少者には丁寧に接しておくのが正しい態度なのでしょう