ショッピングモールにたむろする高齢者 最近のお昼時によく見る光景ですよね!

ショッピングモールにたむろする高齢者
最近のお昼時によく見る光景ですよね!
ショッピングモールへお買い物に出掛けた時、ベンチでたむろする高齢者の男性たち!
何をしているのかな?

何かを買い物している風でもなく、数人で何やらお話をしている様子、さすがに話の内容までは聞こえてこないのだけれど、いつも同じメンバーなのでしょう?
側からみているとまるで、同窓会の様です。
きっと毎日の日課になっているんでしょうね。
ショッピングモールへ出かけると誰かに会える、話ができる。
家にいてもテレビが相手してくれるだけで、誰も話しかけてくれない。
読書をするかいつのまにかうたた寝をしてしまい、早めの夕飯を食べまた寝てしまう。

うちの父親を見ているとそんな毎日を過ごしています。
現役時代はバリバリと仕事をして家庭でも威厳があったであろう人たちだ、
どうして定年退職した途端に自分の居場所を失ってしまうのだろうか?
同じ様な境遇の人が集まれば、献身的な話などはなく、愚痴大会になり
挙句に自分は家族のためにこんなにも頑張ってきたのにいまは?
また年金生活している人も多く個人差はあるものの裕福な状態ではなく、ショッピングモールにいるのにもかかわらずお買い物はせず、無料のコーヒーを楽しんでいる!
私はこの様な高齢者たちを批判しようと思っているのでは無いのです。

物凄く勿体無いと、おもってしまうのです
折角自由な時間と、友人ができたのだから、自分の持てる能力で人の役に立つ事を考え行動して欲しいのです、唯々時間を浪費するのではなくて
同級生の中にもい家に引きこもり、夕飯の準備の買い物だけに出掛けてくる方がいるのですが、私が色々と誘いをかけても無反応、面倒くさいと考えている様ですが、人生100年時代といっても、唯々100年生きるだけではつまらないではないですか?
失敗を恐れずどんどん人生を楽しめばいいのに?

<若返りの秘訣は>
同世代と付き合うのではなく、わかものとコミニュケーションをとる事、
よく今の若者は何を考えているか分からないと言いますが、わからないのではなく、分かろうとしていないのです
高齢になる程、自分の考えが正しいと思い込み聞く耳を持っていないのです
実際に私は若い方とのコミニュケーションと取る中で、彼らから何かを学びたいと考えて話しています
若者は凄く物事も考えているし、行動も起こしています、物凄く刺激をもらっていますし、今の時代も理解できる様になってきました、高齢者も自分の時代が終わったのではなく、新しい自分の時代を作っていけばいいのです

くれぐれも教えてやるという態度はNGです
教えてもらう精神が大切です
自分の知らない事を知っている、先に行動している人が先生なのです、年齢は全く関係ないです
そんな中に自分の得意な部門があれば、理解してもらえる様に丁寧に伝えていければ最高です
会社時代の上司と部下の関係ではないのですから、みんなが、フラットな関係で楽しんでいけばいいのです
若者は高齢者でも受け入れてくれますよ、見た目も雰囲気も随分わかがえります
パワーが漲ってくる様です、現役時代より年齢より若く見えるとよく言われます
実際私は、定年退職後、たくさんの友達ができました、ここでも高齢者の礼儀正しさは発揮できていると思っています
高齢者が増えている日本の未来は、これからの高齢者の行動にあると思います