コペンGRスポーツ ! トヨタがイジッたら、ダイハツ製スポーツカーこうなった!

コペンGRスポーツ !
トヨタがイジッたら、ダイハツ製スポーツカーこうなった
コペンはGRスポーツ、GRと聞いて世界選手権などでトヨタのワークス活動に使われているガズーレーシングを思い出す
GRとは、スープラや86、最近発表されたGRヤリス、既存車種のスポーツモデルなどを企画開発する
トヨタの社内カンパニーの名称です

コペンGRスポーツ
トヨタの完全子会社であるダイハツの商品を、トヨタGRカンパニーとダイハツの精鋭たちがよってたかってイジッた、トヨタグループ謹製のコンプリート
GRスポーツ”とは良くも悪くも、もっともライトな内容の商品となり、
手が加えられるのは
内外装部品とボディ構造
そしてシャシー関連のみで
基本的にはエンジンなどのパワートレーンはノーマルのまま
GRスポーツはアクアやプリウスなどの実用車から
ヴォクシー/ノアなどのミニバンにまで用意される一大シリーズ
コペンGRスポーツは、根っからのコペン好きだったトヨタの一社員の個人的思いつきが具体化したのだ
ダイハツがトヨタの完全子会社とはいえ、独立した2つの大企業を同時に動かすプロジェクト
本来は大事業のはずだが、少量生産の遊びグルマのために、パッと実現してしまう、昨今のトヨタグループの勢いを感じる

コペンGRスポーツならではの部分
前後バンパーやシート
内外装の専用デザイン化
床下の補強とスパッツによる空力の調整
そして専用のバネ
タイヤ変更は本来GRスポーツのお約束であるが、コペンにかぎっては、世界的にも希少な軽スポーツカーということで、そもそも非常に特殊なサイズのタイヤを履いている
事実上ほかの選択肢はなく、普通のコペンと同じタイヤである
実際のコペンGRスポーツは、とても同じタイヤとは思えないほど、ねっとり吸いつくグリップ感がなんとも豊潤な味わいです

コペンにはすでにSというハード嗜好のグレードがある
GRスポーツはさらに上級に位置づけられるコンプリートモデル
実際の乗り心地は既存のSより明らかに快適で、身のこなしも柔らかい
荒れた路面でもクルマが暴れにくいのだが、同時に高速域でのステアリング反応やライントレース性の正確性がまるで落ちずに、さらに進化したのは
絶妙な床下のボディ補強と空力の調整がツボ
空力の工夫は前後バンパーによって左右方向を安定させる空力と、
床下スパッツによるリアタイヤの揚力低減
市販車レベルで空力なんて関係あるの!?、ずばり空力はそのレベルでも効き、単独で乗るだけでは分かりにくいが、ビフォーアフターで乗り比べられれば、車速30~40km/hから、ほぼどんなドライバーでも体感できる本物の空力です

味つけの責任者はあくまでダイハツ
細かい技術や開発手法などに、トヨタGRカンパニーの知見をあますところなく投入
ただダウンフォースを発生させるのではない空力操安というべき技術
柔よく剛を制すというべき味つけは、多くのGR物件に共通する
つくり手のクセや性格が、かならず味として出てくる
クルマはトヨタとダイハツの両販売店で購入可能
GRスポーツ以外のコペンはダイハツでしか買えない
コペンはダイハツのイメージリーダーにして精神的支柱というべき商品
GRといってもやはりダイハツで買うべきか?
トヨタがいたからこそ実現した商品である



【スペック】
コペンGRスポーツ
全長×全幅×全高:3395×1475×1280mm
ホイールベース:2230mm
車両重量:870kg
エンジン:直列3気筒DOHCターボ・658cc
最高出力:64ps/6400rpm
最大トルク:92Nm/3200rpm
変速機:CVT
WLTCモード燃費:19.2km/L
乗車定員:2名
車両本体価格:238万円