<メールで謝罪する方法?>すいません、すみません どっちが正しい?

すいません
すみません
どっちが正しい?
<メールで謝罪する方法?>
日常的にすいませんやすみませんという言葉で謝罪をする
これらの言葉はメールでの謝罪に使ってもよいのでしょうか?

ビジネスメールにおけるすいませんやすみませんの使い方について、謝罪に相応しい言葉とは?
すいません
すみません
はどちらもビジネスメールではNG!
すいません=すみませんの口語表現
(話し言葉として使われてきた)
ビジネスメールではNGなのです
すみませんは敬語ではあるものの、丁寧語にあたり、上司やお客様に対して自分をへりくだって敬意を示す謙譲語を使うのが適切なので、相応しくないのです
同じ理由で、ごめんなさいもビジネスメールでは不適切

ビジネスメールでの謝罪と例文

・心よりお詫び申し上げます
(お詫び申し上げますという表現は、文書で正式にお詫びをする時に使われる、記者会見など公の場所での謝罪にも適しているのです)
・多大なるご迷惑をおかけしたことを深謝いたします
(深謝には深い感謝の意と、謝罪の意を表す場合の二つがあり、謝罪の意の場合、相手方に多大な迷惑をかけ、深いお詫びの気持ちを表す)
・メールの返信が遅くなり、失礼いたしました
失礼とは、相手に対して礼儀に欠けていることを意味する
失礼いたしましたは基本的には相手に対して礼儀に欠けた言動をしてしまったと、謝罪する表現
実際に短く簡潔に相手に謝罪を伝える言葉として比較的使いやすいものです
・お忙しい中恐れ入りますが、こちらの書類を○日までにご返送ください
恐れ入りますという言葉は相手を上に見て、自分がへりくだるという状態
謝罪ではないが、手間や迷惑をかけて申し訳ないといったニュアンスを伝えたいときに使う
・今回の件を厳粛に受け止め、陳謝いたします
陳謝と謝罪の違い?
謝罪は罪を認めてお詫びをするという意味
(経緯の説明や対応策について述べなくても使用可能)
陳謝は事情や経緯を説明したうえで謝罪の意を述べる際に使われます

後輩、部下からすいませんは納得できますか?
部下からすいませんと言われた上司はどんな印象を受ける?
後輩や部下が取引先に送信したメールにすいませんと記載していたら納得できますか?「Q気になった場合に指摘をしますか?
・メールで取引先に対して不適切な表現なので、間違えはすぐに直さないと大変なことになる
・ビジネスマナーを教えるため
・取引先とのトラブルを避けるため
教育的立場から指摘する人が多い
すいませんは口語だからビジネスの場面に相応しくない
すいませんが口語表現であることを指摘した人もある
(信用の大切さを教えるため、仕事上での教訓)

関係や状況では
すみませんが望ましい場合も?
実際は謝罪の言葉は関係性や場所に応じて変化させることが大切
謝罪の際によく使われる申し訳ございませんも関係性によっては硬いと感じることもある
居酒屋のような場所では申し訳ございませんよりすみません、すいませんの方が口語的で望ましいし、
謝罪をするときは相手の立場に立ち、自分ならどのように謝ってほしいかを考え、適切な言葉選びをしていきましょうね