疲弊する部長の9割以上 プレイングマネジャー! 管理職の働き方?

疲弊する部長の9割以上
プレイングマネジャー!
管理職の働き方?

3年前に比べ!
業務量が増加!
自身が管理する職場の状況
年前と比べて
業務量が増加しているが45.5%
コンプライアンスのために制約が厳しくなっているが37.2%
成果に対するプレッシャーが強まっているが34.5%

9割以上の部長がプレイヤーとマネジャーを兼務している
プレイヤーとしては動いていないことは
まったくないはわずか4.2%
部長職のほぼ96%もの人
本来の業務であるマネジャー業務と現場でのプレイヤー業務を兼務するプレイングマネジャーとして稼働している
業務内容も加重平均を算出したところ39.9%
部長が抱える業務のうち
プレイヤーとしての仕事が約4割を占めている

実情に反して、組織が求めるのは!
運営・育成などの管理業務という矛盾!
部長として組織から最も期待されていることは、職場運営の方向性を明確に示すが36%
長期的なキャリアを見据えた部下育成が19%
メンバーに適切に業務を分担することが13.7%
プレイヤーとしての業務をこなさなければならない現状がある反面、組織からは管理業務の遂行を求められ、建前と実情にはギャップがある

部下の育成と
人事評価に悩みがある!
部下がなかなか育たないが42.9%
部下の人事評価が難しいが28.3%
職場または自分の業務量が多すぎるが24.1%
特に悩みはないも15.8%
企業や職場環境によって部長の負担にも差がある

若手社員の離職防止やエンゲージメント向上のために
企業の多くが就労環境や業務の改善に取り組んでいる昨今
管理側でありながら実働部隊としての役割を実質的に負っている部長!
経営戦略推進の一翼を担う役職者として企業側から負わされる責務と
こなさざるを得ない実務にきちんと境界をもうけ、線引きする必要がある