他社の新型車に苦戦を強いられてきた、日産!ようやく新型ルークス以外にも気になる新車が登場する! ジュークに替わるコンパクトSUV、キックス!

欧州では新型ジュークが2019年9月に登場
日本には導入されることはなく、2019年末で販売を終了

2019年に多くのモデルが姿を消してた日産
ようやく新型ルークス以外にも気になる新車が登場する
ジュークに替わるコンパクトSUV、キックス

日本市場では現在コンパクトSUVが人気を博しています
トヨタ、ライズは販売台数ランキングでトップを快走する
日産としては、ジュークの抜けた穴をカバーするだけでなく、ホームラン級のモデルが欲しい
キックスについて
人気のe-POWERでスタートダッシュを狙う!
安全性能もぬかりなし!
新型キックスは2020年5月頃の発売予定
2018年に、北米で発売開始した同一ブランドのモデルをベース
日本仕様にアレンジして仕立て、ジュークのような個性の強い尖ったエクステリアデザインではなく、オーソドックスながらワイルド感を漂わせたクロスオーバーSUVシェルを採用

北米で発表された2020年仕様の日産、キックス
北米仕様では、7種類のエクステリアカラーと5種類のツートンカラーを用意
国内仕様では若干の意匠変更が施される可能性も?
ボディサイズは全長4295×全幅1760×全高1585mm
ジュークの4135×1765×1565mmに比べると
全長はプラス160mm、全幅マイナス5mm、全高プラス20mm
だから室内居住空間はかなり拡大している

ジュークはファストバック的なクーペシェルであったのに対して、
新型キックスはSUVシェルでルーフラインを高めなレイアウトを採用
特にリア席のたっぷり感と荷室の広さを確保
レジャービークルとしては使い勝手を大幅に向上させている

フロントマスクは、セレナやエクストレイルのようにV字タイプの幅広銀メッキ板と大型逆台形グリルの組み合わせ
ヘッドランプは横長のグラスケースに丸型LEDライトを埋め込んだ、シャープで鋭角的なデザインを採用
リヤビューは、広いラウンド感のあるハッチゲートのグラスエリアと横長三角シェルのクオーターピラー処理で、広い視界を確保
個性的なデザインを採用していたジューク
サイドビューを見るとわかるが、後席空間はあまり広くなく、前席をメインとして使うユーザー向けの設計に対して、
キックスは
頭上空間が広く、ジュークと比べると後席の居住性が大幅に向上する
デザインはジュークよりは先鋭的ではないが、オーソドックスなスタイルで幅広そうに受け入れられそうだ!
パワートレイン
シリーズハイブリッドである1.2Lエンジンを発電に使う、日産得意のe-POWERユニットのみを搭載
同ユニットは、ノートやセレナに搭載しているものをベースにしながら大幅に改良、
モーター出力や制御の向上
アイドリング時のエンジン騒音低減
ワンペダル操作でのスムーズな走行性
と大幅に改良し、燃料経済性もかなり改善する

駆動方式は当初は2WDのみ
グレードは2タイプ構成
標準のSと
上級のX(本革シート、アルミホイール、タイヤのインチアップをさせるなど装備を充実)

ジュークに積んでいた
普及版の1.5LNAガソリン
スポーツバージョンの1.6Lターボ
悪路走破性を向上させた4WDバージョン
は多少遅れて追加?

最新の安全装備を備えたパッケージや自動運転支援のプロパイロットの標準装備車も設定
車両本体価格は275~350万円程度
トヨタ「C-HR」
ホンダ「ヴェゼル」のハイブリッド車と対抗
月販計画は当初5000台程度

2020年3月には各所で販売店向けの商品説明会を実施
ティザーキャンペーンをスタート
4月からは価格を決め、先行予約が開始する方向でスケジュール調整
日産は今後1年以内にエクストレイルもフルモデルチェンジする予定
新型登場は、キックスとともに、販売サイドとして期待の1台となっている
発売は2021年上旬になる可能性?

久し振りに収益性と販売増が見込める、本格的な新型クロスオーバーSUV
これまで各社が相次いで新型SUVを投入し、シェア争いを演じているが、
日産は古いモデルばかりで、とても太刀打ちできる状況ではなかった
新型キックスを皮切りに今後は有力な新規モデルを複数発売するでしょうから、ようやく劣勢から抜け出せそうです
e-POWERはセレナ、ノートで実証されているように、性能の高さ、運転のし易さが周知徹底されているので、ライバル車との競争では優位
ジュークはあまり個性的で好き嫌いがはっきりしていた!
すぐに飽きられてしまった、新型キックスは海外での好評のようだから、国内でもかなり売れると予想できます

ジュークよりもひと回りサイズアップ
後席や荷室スペースも広いようだから売り易く,期待が持てるのは、改良したe-POWERを搭載すること
ノートe-POWERは今でもシリーズ全体の70%を占める人気の高さだから、これだけでもライバルに負けない!
ライバル他社のハイブリッド並みの価格設定であれば、十分に売れ行きを伸ばすことは可能!