定年前にやっておけばよかった? 自己研鑽!


定年前にやっておけばよかった?
自己研鑽!

定年退職後の独立・起業に備えて
資格取得や語学などの勉強にいそんでいる方が
定年退職前にしておけばよかったことは?
1位は資産運用(38・4%)
2位が健康/体力維持改善(31・0%)
3位が趣味づくり(23・6%)
4位が、資格の取得(23・0%)
5位が、外国語の勉強(18・6%)
7位が、専門知識の取得(15・0%)

1位の資産運用にもそれなりの勉強が必要!
定年前にもっと自己研鑽を積んで、資産運用についてのスキルや資格、語学などの勉強をしておくべきだったと感じる人が多くいる
定年退職に向け資格取得や語学の勉強を懸命に行っている人
しかし定年起業に挑戦してみると、資格だけでは食べていけないとよく聞きます

社労士の資格をとって独立した
何カ月も顧客を獲得できず独立を後悔した
めげずに飛び込み営業を続け、ようやく最初の顧客が、見つかった時は、たとえようもなくうれしかった
資格の勉強をしても、その中で顧客の獲得方法を教えてくれる?
自己研鑽は大事だが、もし独立・起業を考えるなら、顧客獲得の手法を学ぶことも検討すべきです
顧客あっての起業ですので、きつい言い方をすると、起業したけれど顧客がいなかったら自己満足のために、無駄金を使っているに過ぎません
資格があるから仕事があるのではなく、仕事をこなす為に資格が必要なのです。
資格を取って安心している場合ではないのです、あくまでも、第一歩を踏み出しただけです。
飲食業も一緒です、お店が、美味しい料理が有るから仕事になるのではないのです、あくまでもずっと続くような、リピーターのお客様が必要なのです。
起業には集客無くして、存続は難しいので、そこのところは手が抜けないと、肝に銘じるべきです。