ほとんど市販車レベルのGRヤリスが、なぜこんなに速い!

GRヤリスが速い!
ほとんど市販車の状態で出したタイムがこれですよ!
走り出しから1分54秒688を記録
(スーパー耐久2020・S耐公式テスト富士)

レース用パーツを組んだだけなのに!
実戦タイムを記録したGRヤリス
2月29日に富士スピードウェイで開催されたスーパー耐久公式テスト
今年初めてのテスト走行で、ROOKIE RACINGのGRヤリスもテスト走行に参加
GRヤリスの参戦予定となるST-2クラス
ライバルがスバルWRX STI
三菱ランサーEvo X
マツダ アクセラディーゼル
カタログスペックだけを見ても300馬力オーバーという強豪ぞろい(アクセラを除く)
最新スペックとはいえ272馬力のGRヤリスの戦闘力がどのくらいかが注目!
午前中1回
午後2回
夜間2回
計5回の走行枠の中でROOKIE RACINGのGRヤリスが出したベストタイム
なんと1分54秒688!
ランサーEvo.Xと同等のタイムを叩き出した
驚愕すべきポイントはこのGRヤリス、ただレース用のパーツを組み込んだだけなのです
シェイクダウンテストで走行できることを確認したままの状態
東京オートサロン2020で発表されたままのボディ
追加されたエアロ関連は何もついていない状態です
室内を見てもレースマシンというよりはテスト車両という雰囲気の配線むき出し
電装系のセットやデーターの取りやすさを優先しての配線となっていて
このままの室内でレースに出るものではない状態です
(レーシングカーとしては作り始めたばかりという状態)
エンジンルームに至っては緩み止めなどのテーピングのみ
(全く手のついていない状態)
サスペンションはレース仕様にはなっているが、車高自体はノーマルと大差ない
ブレーキキャリパーとローターは、市販車のものがそのままついている
市販とほぼ変わらないようなGRヤリスが熟成を重ねたランサーEvo.Xと同等
クラストップのスバルWRX STIからも0.7秒ほどのタイム差しかない
ということに凄く驚きます
夜間のナイトセッションテストも行われたスーパー耐久富士公式テスト
GRヤリスのフロントブレーキが赤く焼けている、市販車のノーマルブレーキでサーキットを全開走行するとたいていのブレーキローターは赤く焼けてきます
実際にドライブした河野駿佑選手のお話によると、本当に速いですよ
シェイクダウンテストの次はほぼ何もしていない状態
スバルや三菱に比べてストレートは10km/h以上遅い
軽くてコンパクトなので速度差以上にコーナーで詰めていけるクルマだと好印象のようです
現状は最低地上高が高くてロールが大きいように感じますが?
乗ってる自分からすればロールの大きさは気にならないのですが、そのあたりはどんどん改良されるでしょう
車高も高いままのこのGRヤリス、開幕戦までどこまで熟成してくる?
今からチェックしておきたいカテゴリーのレースになりそうです
本格的にレース用のチューニングされた車での走行タイムが気になりますね
凄い車が出てきてトヨタの本気度が楽しみな2020年になりますね!