優秀な部下の能力を発揮させている上司の特徴? 優秀な部下を率いるのがそう簡単でない!

優秀な部下の能力を発揮させている上司の特徴?
優秀な部下を率いるのがそう簡単でない!

仕事を成功させるために?
リーダーは天才をどう率いていくべきか?
厳密さを求めるが自由な心を持つ
複雑な問題をわかりやすく解きほぐす
人々を新たな世界の探求に導ける能力
天才の異次元の能力を引き出すために重要となるポイント!

優秀な部下は人に率いられるのを快く思わない?
優秀な部下を率いるのが簡単でない理由!
優秀な部下は自分の賢さを自覚している、自身のアイデンティティーに関わり、優秀であることが、彼らそのものだからです
優秀な部下をルールに従わせるのは難しい!
彼らは慣習を無視し、独自の思考でロジックを超越することが普通です
チームと衝突しようが気にしないし、組織の段取りを踏まずに自分のやり方で問題を解決したがる?
リーダーや上司よりも自分のほうがチームの課題をわかっている!
だから、リーダーの指示を聞かずに課題の解決に必要なことを行おうとする
それではリーダーの立場が?
組織の大半の人はリーダーを尊重する
しかし、天才肌の人は自分自身が重要だと思う価値観を尊重する
天才肌は誰かに率いられるのを快く思わない
組織にとって自分のほうがリーダーよりも価値があると!
肩書や昇進にもこだわらないし、彼らの動機は複雑で個人的だからです
ごまかしや言いわけが通じる相手でもない
天才肌は自分自身を非常に厳しく批評しているし、リーダーの下す評価よりもずっと厳しく自分を評価している
賢い彼らは、リーダーの評価は説得力に欠けていると思っている
リーダーの業績も大したことがないし、何かしてもらっても、ありがとうのひと言もないかも?
天才肌を率いるのはものすごく大変だと!
天才肌の多くが自分ならリーダーの仕事をもっとうまくこなせると思っている
彼らのプロジェクトや専門分野に関わることであれば確かにこなせるでしょうが、リーダーの仕事はそれだけではなく、個々の点がつながって結びつき、複雑ながら統合された製品が出来上がっているかどうかを見るというのが、リーダーの重要な役割です

天才肌には全体を意識させよう
リーダーは、組織全体の視点をまとめ、その大きな視点に基づいて意思決定を行う
従業員は、小さな点に目を向けがちになるので、普通の従業員のチームを率いるときは、全体のバランスを見ながらリーダーが個人を調整すればうまくいきます
知的で創造性の高い従業員が自分のプロジェクトを利するように行動してしまうと、組織全体に悪影響が及ぶ
ある意思決定がチーム全体にどう影響するのかを、リーダーは天才肌にはっきり伝える必要がある
リーダーが強固なチーム文化を築いていれば、
天才肌はリーダーの意思決定を理解して受け入れ、チーム全体のためにもなる
天才肌は、有効なモチベーションも普通の従業員と異なる
リーダーは、退屈な仕事や嫌いな仕事に対して部下のモチベーションを持ち上げる事で、苦労します
桁外れの知性の持ち主である天才肌では、自分のキャリアや興味に限らず、会社全体のために働く意欲をどう持たせるかで苦労する
リーダーは、自分だけでなく他人のことも考え、チームの成功を自分の成功だと思えるように、天才のやる気を引き出す必要があり、これが重要です
天才肌が成功するには天才以外の人間も必要!
それを彼らに理解させるのは難しく、天才が仕事に集中できる環境を作り出せるのは、リーダーが凡庸だからと出来る事なのかも?
非凡な技術者や科学者やクリエーターは、求めるものが普通と異なる
天才肌を率いるときには、データやサポートやプロセスは示しつつ、解決策や方向性は示さないという、これまでと真逆かも知れないタイプのリーダーになる必要が!
リーダーは天才肌に問題を伝えたり、あらゆる既知のデータやリソースを提供したりしても、問題の解決の仕方は指示しない
天才肌を率いるリーダーは指示しすぎない必要がある
天才肌に方向性ではなく、天才肌自身が正しい方向性を見いだせるように導けたら最高です(天才には、方向性ではなく選択肢を与えることが重要)

リーダーはプロジェクトの主役?
主役ではない?
天才肌に、あ〜しろ、こうしろ、と言うのは彼らの複雑な問題を創造的に解決するという能力を制限してしまうことになるが、自由にさせすぎても、彼らは目標を見失って好き勝手な方向へ向かってしまう
リーダーの役割は、天才肌の問題解決を支えつつ、彼らを目標に集中させること
自由と集中のバランスをどう取るか?
これまでのリーダー像を捨て、手段や時には目的も示さずにプロセスを支えることが、天才肌を率いるためには重要!
リーダーがプロジェクトの主役になるという考えはいったん脇に置く
天才肌が活躍できる環境をまず整え、プロジェクトの目標と成果に間接的に関わることだけ
研究に必要な設備、チームの規模、チームのテーマはリーダーが変えることができるが、チームの成功はメンバーの創造性から生まれ、彼らの働く環境が天才肌の創造性を育んでいれば、結果として成功にも大きく影響してくるでしょう
長期にわたって次々と進歩を遂げているチームは、そのチームのリーダーが、天才肌の彼ら、との働き方を知っているのでしょうね