2023年に車検証がICカード化!? 車検証が紙から電子化される理由とは?

2023年に車検証がICカード化!?
車検証が紙から電子化される理由とは?

従来の自動車検査証(車検証)は紙で発行されていました
車両の所有者はその車検証を保管・携帯を義務付け
国土交通省は車検証を2023年に電子化(ICチップ)に切り替えると発表
紙からICカードに切り替わると、どのような影響やメリットがある?
車検証のICカード化で得られるメリット!
2023年1月から車検証を紙からICチップ付カードに切り替える準備を現在進めている
道路運送車両法の一部を改正する法律が、2019年5月に公布されました
紙だった車検証が電子化されるメリット?
車検証はA4判の紙で印刷されていますが、
カード化されると、どのようなサイズになる?
運転免許証やクレジットカードと同じサイズを、現段階では検討
カード化された車検証は、紙の車検証と同じようにクルマに入れておかなければならない?
運転免許証と同様に携帯義務はあります
1人で1台のクルマを乗る場合は免許証と同じでも良いかもしれません
クルマは複数の人が使う場合、注意が必要
カード化は、運輸支局などへの来訪を不要とするため!
どのような場合に運輸支局に行かなくても済むのか?
登録番号が変わらない場合
運輸支局などに行かなくて済むようになります
名義変更などでナンバーが変わる場合
ナンバーの返納・発行の手続きがありますので、運輸支局等に行く必要があります

車検証がICカード化されるメリット
携帯、保管、手続きにメリットがある
運転免許証のサイズやクレジットカードと同じサイズとなり、
車検証が財布のなかに入れて携帯できるほどコンパクトになる
車検証がICカード化されるにあたって
自動車販売店や整備工場では、ICカードの読み取りに必要なカードリーダー端末が必要となる(車検証の電子化によってコストが発生する可能性など、インフラの整備も重要な課題)

なぜ車検証を電子化に?
車検証は、道路運送車両法で規定されているものです
同法は1951年から公布され、それ以来車検証は紙のままで維持されてきました
国土交通省は、なぜ車検証のICカード化に力を入れようとした?
自動車保有関係手続のワンストップサービス(OSS)の拡充を掲げています
(ワンストップサービス=ひとつの場所でいろいろなサービスが受けられる環境や場所)
自動車の運行に必要な車検申請や車庫証明、自動車諸税の納付などをインターネット上で一括しておこなうことを可能としたサービスです
24時間365日、どのパソコンからでも手続き可能!
運輸支局や警察署、県税事務所などの各機関まで出向く必要がなくなり、時間や労力の負担が大きく軽減されるメリットがあるとして、OSSの活用が進められていましたが、予想に反してOSSの利用があまり伸びていないのが、現状です
新車・中古車新規登録、移転登録、変更登録、抹消登録、継続検査、輸出・解体等の手続きのうち、約半分を占める継続検査において、OSSの利用率は1.9%
OSSの普及率を上げて販売店や整備工場の負担を減らす目的で車検証の電子化をおこないます

電子化後の具体的な車検の流れ
OSSを利用して車検をおこなったあと、更新された情報をオンライン上で運輸支局などに送信してICカード車検証の内容を更新
車検の有効期間満了日が記載された検査標章(車検シール)はその場で印刷して車両に貼り付け
紙の車検証では、直接運輸支局に車両を持ち込んで車検を受ければその日のうちに新しい車検証が交付されますが、販売店や整備工場に車検を依頼した場合には、工場での点検は即日完了しても車検証の交付自体は後日になっています
車検証が電子化されるようになれば
車検時にディーラーや整備工場が車検証のカード情報を読み取り、運輸支局などに送信、ICチップに新しいデータを書き込んで更新手続きをおこなうため、すべての車検手続きが即日完了する
点検・整備などの情報をデータ化することで、販売後の車両に何らかの不具合が発生した場合にも過去にさかのぼって調査し原因を突き止めることができる
無保険車両や車検切れ車両の不正車両が走行していた場合
車両から警報音が鳴るようにして違反をリアルタイムで把握できるようにする
各車両の速度と位置情報のデータを活用して、自動運転技術に活用していく
なども計画されている

利便性の向上が期待される車検証の電子化は
紙からICカード化に変わることで、ICチップに格納された情報が改ざんされたり、データを盗み取られるなどの、新たな危険が出てくるでしょう
2023年の車検証電子化の実施までに、さまざまな課題をクリアにしていく必要がありますが、車検証電子化によって自動車整備業界も変革期に入ることになります