iPhoneの電子マネーの使い方! Apple Pay、最強は、モバイルSuicaか?

iPhoneの電子マネーの使い方!
Apple Payとは?
おすすめアプリ・クレジットカードも紹介

iPhone7/7 Plus以降の機種で、電子マネーが使えるようになりました。
iPhoneで使える電子マネー!
Apple Payとは?
Apple PayとはiPhone 7以降のiPhoneに搭載された決済システム
iPhoneや Apple Watchをリーダーにかざすだけで簡単に支払いができ
Paypayなどのスマホ決済アプリの認知が高まる中でも利用者が増えている機能
アプリなどとは異なりインストールの必要はない
簡単な設定だけでSuicaやクレジットカードの連携を行うことが可能

iPhoneのApple Payで利用できる電子マネー
・QUICPay
・iD
・Suica

クレジットカードをカンタン登録!
おサイフ要らずでお会計
QUICPayやiDを利用することでお得なポイントをゲットできる支払いも
ApplePayで利用できます
QUCIPayやiDを利用するためには
Apple Payにクレジットカードを設定する
Apple Payにクレジットカードを設定する方法
Wallet」アプリを開く
2.アプリ右上の「+」をタップ
3.カードの読み取り画面、もしくはカード番号入力画面からカードを設定
でクレジットカードの登録は完了

Suica(個人的にはモバイルSuicaが最強かと)
通勤・通学も電子マネーでお得に、
Apple PayにSuicaを設定
Walletアプリに登録したクレジットカードからチャージを行うとポイントを貰うことも可能
JR東日本グループが提供しているクレジットカード、ビューカードを利用すれば、さらに1.5%のポイント還元を受けることも!
モバイルSuicaと連携する際はおすすめのクレジットカード

Apple PayにSuicaを登録する方法
まだSuicaを持っていない方
既にSuicaを持っている方(定期券含む)
で手順が異なります

Suicaを持っていない方の登録する方法
モバイルSuicaをインストール(無料)
1.Suicaアプリ起動後「Suica発行」をタップ
2.「Suica(無記名)」をタップ
3.「同意する」ボタンをタップ後、チャージ金額を選択
4.「Wallet」アプリ右上の「+」よりSuicaを選択
Apple PayにSuicaが登録されました

既にSuicaを持っている方の登録する方法
モバイルSuicaアプリのインストールは不要
iPhoneのデフォルトアプリのWalletから設定
1.Walletアプリを起動
2.アプリ右上の「+」をタップ
3.Suicaカード裏のカード番号4桁を入力
設定が完了
Apple Payに登録し残高を移した後のカード型Suicaは使えなくなるため注意!

通勤・通学に利用するSuica、クレジットカード
PayPayなどのスマホ決済アプリを使い分けている方も多い
Suica・Quic Pay・iDを設定した後は
QRコード支払が行えるアプリをインストールするのがおすすめです!

iPhoneに対応していない電子マネーについて
nanaco、waon、楽天edyといった電子マネーは、Apple payで利用できない