世界で頑張っている日本車はプリウス以外にも有る 4年で50万台超えのスズキのSUVがプリウス並に爆売れ!?

世界で頑張っている日本車はプリウス以外にも有る
4年で50万台超えのスズキのSUVがプリウス並に爆売れ!?

2019年の登録車販売台数
トヨタ「プリウス」が1位
現在ではトヨタ「ライズ」が売れています
スズキのSUVにはプリウス並に売れ、
ライズと競合するSUVモデルが存在している様です
プリウス並に売れているスズキのSUVってどんなクルマ?

インドでマイナーチェンジが発表されたスズキのビターラ ブレッツァ
スズキが国内販売しているSUV、エスクード
欧州市場でビターラという車名で販売されています
インド市場ではビターラ ブレッツァというSUVが存在
ビターラ ブレッツァはエスクードとは違うインド専用車
このモデルは、デビューから4年弱で累計50万台以上を販売した大ヒット車です
1年で約12万5000台も販売

2019年のプリウスは、国内で12万5587台
ビターラ ブレッツァはプリウスと同じほど売れている人気車なのです
インドのコンパクトSUV市場に占めるシェアはなんと44.1%
10台のうち4台以上がこのビターラ ブレッツァです
日本のSUV市場ではトヨタ「ライズ」とダイハツ「ロッキー」が爆売れ中です
インドでは驚異的な人気がこのビターラ ブレッツァに集中しているわけです
登場から約4年が経過した今も継続中です
パワートレインは1.5リッターの自然吸気ガソリンエンジン
トランスミッションは5速MTと4速ATを設定
4速ATはマイルドハイブリッドを組み合わせている

ライズ/ロッキーとこのビターラ ブレッツァのふたつの共通点
1、車体サイズ
どちらも全長3995mmと4mを切るコンパクト
全幅はライズ/ロッキーの1695mmに対してビターラ ブレッツァは1790mmとワイド
これは日本とインドのニーズの違い?
2、いずれもドメスティックな商品
ライズ/ロッキーは日本市場だけを見て開発されたモデル
開発と製造をおこなうダイハツは、現時点では日本専用車で海外展開の予定はなし
ビターラ ブレッツァもインド市場専用モデル
スズキは現地の嗜好やニーズをしっかりと汲み取り、現地法人であるマルチスズキがデザインや設計を主導し、日本側とも協力しながら開発
販売する国を1か国に絞り、その国のユーザーが好む要素をしっかりと反映
大ヒットの大きな要因なのでしょう

SUV人気の日本への導入はある?
ビターラ ブレッツァのインドでの大人気の理由?
スズキのインド法人マルチスズキが現地での乗用車市場シェアが50%を超える定番ブランドであることの重要!
マルチスズキに次ぐシェアを持っている韓国の現代自動車に比べて故障が少ないクルマというイメージが浸透している
マルチスズキの販売網が充実している

日本ではコンパクトSUVの人気が盛り上がっている為、ビターラ ブレッツァを日本でも販売すればいいと思われがちです
話はそう簡単ではない
日本のコンパクトカーは、5ナンバー車を指します
ビターラ ブレッツァは全幅が5ナンバー枠に収まっていないので、3ナンバー車
狭い道が多い日本でのニーズにマッチ?

インドでマイナーチェンジが発表された
スズキのビターラ ブレッツァ
インド専売として作られているので、日本とは異なる安全基準で設計されている
日本で求められる先進安全機能も備わっていない
日本仕様はそう簡単には作れないのが現実です
インドで見かける乗用車の多くがビターラ ブレッツァのように全長4m未満である理由は現地の小型車優遇政策にあります
全長4m未満であれば新車購入時にかかる税金が4mを超えるモデルに比べて大幅に少なく済む
インドでは、その対象となる小型車が乗用車市場の約6割を占める
日本での軽自動車のような感覚?