燃費が上がる!! タイヤのバーストも賢く防げる! TPMSとは?

燃費が上がる!!
タイヤのバーストも賢く防げる!
TPMSとは?
『Tire Pressure Monitoring System』の頭文字を取ってTPMSと呼ばれる
このパーツ
タイヤの空気圧をモニタリングするためのアイテムです
実はアメリカでは装着が完全義務化
安全に直結するパーツである
義務化は他国に比べて遅れを取っている我が国
タイヤの空気圧をモニタリングすることで!
実は燃費などにも影響出来る便利アイテムなのです!
距離をたくさん乗る方にこそ付けて欲しい!
2000年に起きたタイヤ空気圧の低下により発生した事故により
アメリカではタイヤ空気圧を監視し低下を警告するシステムの装着が義務付け
アメリカでは新車販売に対し数年前から段階的に義務化
2007年9月より完全義務化となっているTPMS
2012年では欧州で義務化
2013年には韓国でも義務化
日本車でも海外へ輸出されるモデルではTPMSが標準装備されている
日常からタイヤの空気圧に気を使っている方
危険性は重々理解しているとは思います(日頃の点検整備がもっと楽になるのでオススメしたいアイテム)
タイヤの空気圧は自然に抜ける事は知っていても、
走行中に空気圧が大きく変化する事を知らない方は多い
単純に安全のためだけでなく
あると便利なパーツなのです

エアモニシリーズの特徴は?
株式会社プロテクタが販売するエアモニシリーズ
バイク用も含め、
・4シリーズがラインナップ
・シガーソケットに刺すだけで簡単にモニタリングが出来るモデル
・9kg/㎠の高い空気圧まで計測できるモデル
・防水タイプのバイク用
全てのモデルは異常時にブザーと表示で警告してくれます!
取り付けも3分程度、バルブに取り付けるだけ(自分で出来る手軽さ)
タイヤの空気圧だけでなく、温度もモニタリング出来ちゃうんです!
直接式TPMSと呼ばれるバルブに直接取り付けるタイプであり、センサーが飛んでいったりしないの?と不安に思う方もいる?
センサーは10g前後と軽量で走行中に外れてしまうことはありません

エアモニ3.1
エアモニシリーズのフラッグシップモデル
空気圧とタイヤ温度を1画面でモニタリング出来る
画面の切り替え不要な点も売りです!
計測可能な空気圧域が0~900KPAであることで、
コンパクトカーからキャンピングカーまで対応している
本体はUSBケーブルまたは乾電池での給電が可能
センサー側のバッテリー残量も表示
価格:29,800円(税別)

エモニX
本体がスタイリッシュなデザイン
カラー液晶を備えた充電式
空気圧と温度を両方表示
センサーにはスリープ機能があり、電池寿命が最長約2年
マグネットベースで簡単に取り外し可能(本体の充電も手軽に行えます)
視界の妨げにならず、コクピットに装着できるデザイン
価格:23,000円(税別)

エアモニP
レシーバーはシガーソケットに挿すだけ
センサーをバルブに付けるだけ
最も簡単に使用可能
1画面でタイヤ温度と空気圧を表示することは出来ません
コンパクトさが売りです
モニターも上下120度の範囲で角度を調節可能
18,510円(税別)

エアモニ バイク
バイク用のエアモニ
ヘルメットをかぶったライダーにも異常を確実に知らせることができる
異常時にはブザー音の他に、モニターに内蔵された赤いLEDが激しく点滅
アタッチメントは両面テープ台座と
ハンドルクランプタイプの2種類
防水機能もIP67相当で突然の雨にも安心
充電式で、充電は付属の専用USBケーブルで2時間ほどで満充電
満充電にすれば泊りがけのツーリングでも安心して利用可能です
センサーはバイク用も同じくバルブキャップを外して装着するだけ
価格:18,000円(税別)

実はタイヤの空気圧は安全性、燃費に大きく関わっているのですが、運転手から一番遠くにあり、気にしている人は、意外と少ないのです
定期点検をまめに受けておられる方はまだしも、車検しか受けていない方も多くいらっしゃいます
以前はガソリンスタンドなどでもよく声が消されていましたが、最近は減っているように思います
タイヤ販売目的で、タイヤの溝が、ひび割れが、と指摘して来る事はありますが
この製品のように警告してくれる事は、特に車に関心はなく、乗るだけというユーザーには特にお勧めしたい商品ですね