アンケート調査によると、約7割の営業職の人が 今後テレワークを実施したいと考えている! 否定派の71.7%は40代以上の人

アンケート調査によると、約7割の営業職の人が
今後テレワークを実施したいと考えている!
否定派の71.7%は40代以上の人

新型コロナウイルスの影響でテレワークが普及した?
全国の営業職を対象に今後のテレワーク意向に関する実態調査を実施

テレワークできず完全出社している人は47.2%
実施できない理由は?
客との面談や環境整備に対する課題など
インサイドセールス導入企業で勤務している人は
80%がテレワークを実施
約40%が、PCや電話環境に加え、情報共有を行うためのツールなどの環境が整備できていない
今後テレワークを実施したい人は69.6%
否定派の71.7%は40代以上であった

今後のテレワーク意向に関して
今後テレワークを実施したい人が69.6%
今後もテレワークを働き方の選択肢として取り入れたいという意向が高い
今後テレワークは行わず出社したい人のうち、71.7%は40代以上が占める

今後テレワークを行いたい人のコメント
外的理由
・無駄な会議がなくなり、業務に集中できるようになった
(毎日の朝礼が1時間ほどで、同じ話ばかり)
・上司への忖度が必要なくなった
・ウエーヴ会議で移動時間や交通費も省くことができ、何も不都合はなかった

内的・自己理由
・無駄な会議や営業にともなう移動時間がなくなることで
生産性が上がり、残業が減った
・通勤時間が無駄/満員電車によるストレスがなくなった
・時間にゆとりを持てるようになった、家族との時間が増えた

今後テレワークは行わず出社したい人のコメント
外的理由
・営業は会ってこそだから
対面でコミュニケーションを取りたい
対面じゃないと熱意や人間性を伝えられないと考える
・オンライン商談ではお客さんをコントロールできず話が進まない
社内スタッフや部下とのコミュニケーションが取れていない

内的・自己理由
・テレワークだとサボってしまう
営業なのでモチベーションの維持が難しい
・自宅環境の問題(ネット・子供や家族など)
・残業代がほしい
調査概要
・対象者:全国における、現在営業職に就いている社会人
・雇用形態:正社員・パート・アルバイト・派遣社員
・調査方法:ネットリサーチ会社を利用したインターネット調査(ネットリサーチ会社保有のデータベースを元に実施
・実施期間:2020年5月16日~5月19日の4日間
・有効回答数:500件