楽天の赤いSuica! 一見微妙な0.5%還元も隠し玉で一気に魅力アップ?

楽天の赤いSuica!
一見微妙な0.5%還元も隠し玉で一気に魅力アップ?

スマホ決済サービス、楽天ペイ(アプリ決済)で
JR東日本の電子マネーSuicaの機能が使えるサービスが始ま離ました
 
Suica×楽天の相乗効果は?
楽天カードでポイントが付く
 おさいふケータイ搭載のAndroid端末では2020年5月25日から
楽天ペイアプリでのSuicaの発行・チャージに対応
鉄道やバス、加盟店で電子マネー利用が可能
クレジットカードの楽天カードを支払い元に設定すると
0.5%(200円につき1ポイント)が付与

iPhoneやApple Watchの一部端末
モバイルSuicaアプリとApple Payでの楽天カードチャージで
Android同様の還元率が得られる
あくまでキャンペーンで、毎月のエントリーが必要(終了日は示されていない)
楽天カードは1900万人以上の会員
1か月あたりのカードショッピング取扱高が1兆円を超え
シェアの大きなカードでSuicaチャージのポイントがたまる

ポイントチャージで楽天経済圏を拡大?
 ポイント還元率
0.5%は優位性に欠け
JR東日本のビューカードは、Suicaチャージで1.5%
多用する人はそちらの方が向いている
楽天カードでのショッピング利用では1.0%が還元
楽天カードでのチャージは、200円ごとに1ポイント
今回の楽天×Suicaと同様の付与率
自社の電子マネー(楽天Edy)がありながら、Suicaを優遇するわけにはいかないでしょう
アピールポイントは、今後予定される楽天ポイントからSuicaへのチャージ
もし楽天Edyと同様に1ポイント=1円のレートで交換できれば
楽天カードで貯めたポイントをお店によって、楽天EdyとSuica、楽天ペイで等価に使い分けられ、利便性はかなり向上するでしょう
 楽天とJR東日本の協業は、約1年の準備期間をもっての登場
当初の発表ではポイントチャージに触れられず隠し玉とも言える交換サービスが始まって
初めて、赤いSuicaの真価が発揮されるのでしょうか?