トヨタは、フィリピンにて コンパクトモデルの新型ウィゴ! 2020年6月16日より発売する 小さいけどスポーティなモデル? 全長3.7m以下の小さなウィゴ? どのようなモデル?

トヨタは、フィリピンにて
コンパクトモデルの新型ウィゴ!
2020年6月16日より発売する
小さいけどスポーティなモデル?
全長3.7m以下の小さなウィゴ?
どのようなモデル?

トヨタの新型「ウィゴ」世界初公開!
トヨタのフィリピン法人(トヨタモーター・フィリピン)
同国でもっとも売れているコンパクトモデル「wigo(ウィゴ)
の新型となる2020年モデルを発表!
ウィゴは、インドネシアで生産されているアギアのフィリピン版
で、2020年3月19日に新型アギアが発売されていました。
元々アギアは、ダイハツが企画・開発したコンパクトモデル
ダイハツのインドネシア法人が生産したアイラのOEM車です
フィリピンでは、2014年にウィゴとして発売!
2019年には同市場で69%のセグメントシェアを誇っている
グレード展開
エントリーグレードのE(MT)
標準グレードのG(AT/MT)
上級グレードのTRD S
新型ウィゴのボディサイズ
全長3700mm×全幅1600mm×全高1520mm(TRD S)
1リッター直列3気筒ガソリンエンジンを搭載

標準グレード
Gは、独特なデザインのアルミホイールとリアコンビネーションランプを採用
GとEはフロントバンパーのデザインを一新しています
上級グレード
TRD Sは、アルミホイールやリアコンビネーションランプのデザインを変更
TRDキットを装着
よりアクティブな印象を与え、TRDキットには、フロントスポイラー、サイドスカート、ツートーンリアスポイラー、リアスカートが含まれている
上級グレードとしてTRD Sバッジとデカールを装着
新色のイエローはTRD Sにみの設定
内装はシートのデザインを一新
クロームメッキのアクセントを加え、液晶エアコンパネル(TRD SとG)を採用して操作性を向上させている
新型ウィゴには、プッシュスタートボタンとステアリングスイッチに加え、液晶タッチパネル式エアコンをTRD SとGに設定
パワーリトラクタブル&アジャスタブルサイドミラーを採用
ドライバーの後方視界を確保
TRD SとGに搭載されたバックカメラでは、バック駐車が簡単におこなえる
安全性については
一部グレードに運転席と助手席にSRSエアバッグ、バックソナー、アンチロックブレーキシステム(ABS)を装備
新型ウィゴについて予算重視の初めてのクルマを購入する人や
家族のために新たなクルマを探している人に最適なオプションを提供
実用性や信頼性はそのままに、先進性、利便性、安全性、楽しさを追求し、洗練されたスポーティなTRDスタイリングを実現した、アイコニックなクルマです
新型ウィゴの現地価格
56万8000ペソから70万0000ペソ(約121万2090円から約149万3775円)
2020年6月16日からフィリピンのトヨタ販売店で販売開始