トヨタ&レクサスの統一デザインの狙い! ケツ勝負!? なぜ横一文字テールランプ採用?

トヨタ&レクサスの統一デザインの狙い!
ケツ勝負!?
なぜ横一文字テールランプ採用?

新型ハリアーやレクサス新型ISなど
トヨタ・レクサスの最新モデルではテールランプに
横一文字のデザインが採用されている
なぜリアのデザインに統一性を持たせるようになったのか?

クルマのデザイン
フロントだけでなくリアも重要!
クルマのデザインは、売れ行きに大きな影響を与えます
デザインといえば大きなウエイトを占めるのがフロント部分!
じつはリアビューもけっこう重要なのです
横一文字のテールランプを装着する新型ハリアー

デザインで高い評価を受けているクルマ
例外なしにリアビューも美しいか個性的
クルマを見る確率は、前か後ろかのどちらか半々です
これまでのトヨタ車
テールランプ形状がけっこうボリューミーかつ縦方向に大きかった
プリウス3代目から縦長のテールランプだった
現行の4代目モデルになり巨大化&縦長に!
このデザインは非常に厳しい評価を受けてしまいました
売れ行きが伸び悩んだ最大の要因はデザイン?
リアビューも厳しい評価でした
マイナーチェンジでガラリと変えた結論が、横長基調のテールランプとなった

フロントデザイン
メーカーごとに特徴を出していて、メルセデス・ベンツやBMW、レクサスなどが好例ですよね
トヨタは、リアビューのデザインテーマを共通化しようとしているのかも?
特徴的なのが
トヨタの新型「ハリアー」と
ビッグマイナーチェンジをおこなったレクサスの新型「IS」
採用されたテールランプ、いずれも驚くほど細い横基調なのです
ハリアーは、モデルチェンジのたびに細くなっており、いまや線といっても良いほどシャープに!
新型ISのテールランプも細い
RAV4だって、歴代モデルのなかで、もっとも薄いテールランプ形状になっています

トヨタ&レクサス
横長なお尻にするワケ?
なぜ横長を採用?
シンプルなことで、横長形状だとクルマがワイド&ローに見えるから
ワイド&ローはクルマの美しさの基本
いままでは細いテールランプを作るのは、技術的に難しかった
ウインカーランプもブレーキランプも、基準以上の面積や光量を必要とします
従来の白熱球では細くできなかったのです
最近になってLEDが安価になり、広く使われるようになっています
新型ハリアーや新型ISのテールランプなど、LED以外ではあり得ないデザインです
RAV4のようにウインカーは白熱球というモデルも、横長を基調にするというデザインテーマをキチンと入れ込んでいます
メッキのガーニッシュを加え、テールランプをなるべく内側に飛び出させるデザインにして、横長を演出してい流のです
カローラのテールランプも縦長から横長に、これにより、ずいぶんイメージが変わりました
ミニバンなど、物理的に横長のテールランプは難しいリアハッチドアのモデルを除き、トヨタとレクサスは横幅テールランプになっていく?
高額なモデルであればLEDを積極に使え、線のように細くすることが可能なのです
リアビューを見ただけでトヨタ車だと解るようになるかも?