リーンバーン(超希薄燃焼)技術の向上などにより現在は40%程度の中!熱効率52%のエンジンを開発!

熱効率52%のエンジンを開発!

東京工業大学と慶応大学のグループが開発
気筒内水噴射でノッキングを抑制!
クルマのパワーユニットの電動化が進むのは必至だけれど!
ハイブリッドやプラグインハイブリッドに欠かせないエンジン=内燃機関のブラッシュアップも進むでしょう
そのカギとなる熱効率!
ガソリンや軽油といった燃料の持つエネルギーのうち、どのくらいを動力として活用できるかということ
かつては20~30%であれば御の字とされてきた熱効率
リーンバーン(超希薄燃焼)技術の向上などにより現在は40%程度
まだ半分以下なのが現実なのです

東京工業大学と慶応義塾大学の研究者グループが正味熱効率51.5%
図示熱効率52.6%を達成しました
まだ開発段階のガソリンエンジンですが、リーンバーンを進めていくとどうしても発生するノッキング!
シリンダー内への水噴射でこれを解消!
燃焼を悪化させることなく世界最高水準の熱効率を実現させています
熱効率50%超えは1年ほど前に科学技術振興機構(JST)がその達成を報告
今回も同じ研究者が関わった形で成果を出しており、実用化に一歩近づいた
今後エンジンは駆動用だけでなくシリーズハイブリッドの発電用としての用途も増えるはずです
熱効率の向上による燃費削減への期待は大きく、近いうちに50%を超えるエンジンが市販車に搭載されることを期待しましょう!