スズキが! トヨタのRAV4のOEMモデルを販売!

スズキが!
トヨタのRAV4のOEMモデルを販売

トヨタがRAV4を年間3,000台規模で
スズキにOEM供給!
トヨタ自動車が主力SUVである「RAV4」をスズキにOEM供給する

欧州では2021年に新車のCO2排出量を平均95g以下にするよう、自動車メーカーに義務付ける厳しい新規制を導入予定で、規制を守れない場合1g当たり約1万円/台の罰金が科せられることになる

2019年にトヨタ自動車と資本提携を結んだスズキは、同規制のクリアに向けて
HVやPHVなどに強みをもつ
トヨタからOEM供給を受けるのが効率的と判断した
トヨタ自動車は年間3,000台規模のRAV4をスズキに供給する
トヨタ自動車がスズキにOEM供給するのは初
トヨタはスズキからインド市場向けにハッチバックモデル「BALENO(バレーノ)」の供給を受けています
意匠を若干変更した上で「GLANZA(グランツァ)を販売

トヨタ自動車がスズキからインド市場向けにOEM供給を受けている「グランツァ」
2017年2月に業務提携に向けた覚書を締結して以降
両社が検討を続けてきた成果です

スズキ「バレーノ」はインドで生産
日本や欧州などで販売されている、グローバルコンパクトカー
インドではプレミアムハッチバック車に位置付けられている

昨年3月
トヨタがスズキにHVやPHVなどの電動車をOEM供給し
スズキが海外で販売する計画を公表し、
今回トヨタからOEMされるRAV4を、今夏以降に欧州で別のネーミングを付けて販売する

これを機にトヨタ自動車とスズキの連携がさらに深化しそうです