宿代も節約でき、楽しいはずの車中泊でやってはいけない5つの行為とは? トラブルや違反も多発中!

宿代も節約でき、楽しいはずの車中泊でやってはいけない5つの行為とは?
トラブルや違反も多発中!

車中泊をする人が増えマナー違反も目立つように!
道の駅の整備などで、車中泊をする人が増えています
残念ながら、車中泊人口が増えれば、車中泊の際のマナー違反も多くなる

①駐車場1台分以上のスペースを使う
・ウォーニング(クルマのルーフ側面などに備え付けられた日よけ)を出す
・椅子やテーブルを出す
・車外で飲酒
・大きな声を出す

②調理
車外はもちろん、車内においても煙などが出るのはNG
オートキャンプ場などを利用すれば、もっと自由度が高まります

③水を汲む!
手洗い以外で水を使ったり、排水する
水のタンクがあるキャンピングカーにはグレータンクと呼ばれる汚水タンクがあり、その排水を流す

④業務用コンセントからの盗電
トイレや自販機などのコンセントからスマホなどを充電する

⑤連泊
道の駅や高速道路のSA&PAでの車中泊は、あくまでもクルマを安全に運転するための仮眠の延長として若干グレーな部分も含みながら認められているが
道の駅などを拠点とした連泊はNG!

道の駅や高速道路のSA&PAは公道と同様の公共の場所です
周りの迷惑になるような行為は慎まなければならない
連泊や調理などを伴う車中泊はオートキャンプ場などを利用しましょう

宿泊代を節約しながら移動の自由が増え、楽しみが多い車中泊の旅をしにくくしないためにも、マナーを守った車中泊を心がけましょう
自分だけでなく、同じ趣味を持つ人達が心置きなく楽しめる環境にしていきましょう
自分さえ良ければと、いう考えの人は車中泊する資格もないでしょう
あくまでも、公共の施設を利用する以上、最低限のマナーは持ち合わせておきましょう!