これが市販型? トヨタ MIRAI、6年振り新型登場 TNGA採用で5人乗りFRへ進化

これが市販型?
トヨタ MIRAI、6年振り新型登場
TNGA採用で5人乗りFRへ進化

新型はホイールベースを延長
航続距離は650kmから840km程度までアップ
トヨタの燃料電池FCV
MIRAIが初フルモデルチェンジ
MIRAIは、世界初の燃料電池セダンとして2014年から販売
誕生から6年を経て初のフルモデルチェンジ

2019年の東京モーターショーで新型のコンセプトモデルが発表されています
ヘッドライト内部にストレーキ(金属のフィン)が新たに追加
エアインテークなどバンパーも再設計され
次期型では「TNGA」アーキテクチャを採用
駆動方式を前輪駆動から後輪駆動に変更
ホイールベースを2,780mmから2,920mmへ延長
乗車定員が4名から5名
エクステリアは
コンセプトモデルをベースにフロントを量産型用に大きく変更
グリルの両サイドに吸気口が設置され、デザインもLEDと繋がる縦型ディフューザーを設置
アンダーグリルは
サイドのデュフューザーとのバランスを配慮して若干小型化、前面に押し出したデザイン
グリルにはヘッドライトにつながるU型メッキ
アンダーグリルにも同じくU型メッキ
さらにはフロントからサイドのアンダーにもメッキを多用して高級感を演出
新世代燃料電池システムを採用
水素タンクを再設計
容量アップにより航続距離は650kmから840km程度まで伸びる
パワーユニットは
燃料電池+最高出力155psを発揮する電気モーターを搭載
キャビン内では
12.3インチのワイド・インフォテイメントシステムを搭載
シンプルで操作性が大幅に向上
安全装備では
トヨタセーフティセンス最新世代を搭載
車載通信機「DCM」(データ・コミュニケーション・モジュール)を標準装備(つながる車)
新型MIRAIのワールドプレミアは、今秋以降となりそうです