サイゼも導入!接触を避けてカード払い 三井住友カードのstera terminal

接触を避けてカード払い
三井住友カードのstera terminal
サイゼも導入!

三井住友カード
新オールインワン決済ターミナル「stera terminal」を全国の事業者(加盟店)に導入開始
stera terminal(JT-C60)
クレジットカード、電子マネー、QRコードの決済に対応し、利用者側と店舗側のそれぞれにスクリーンが用意されます
カードをかざして決済(NFC非接触決済)にも対応する
客と店員の接触を削減やレジ周りの省スペース化も狙っている
クレジットカードは磁気、IC、かざして決済(NFC)に対応
QR/バーコードは、本体内蔵のカメラで読み取り、端末側で支払手段(PayPay、メルペイなど)を選ぶ必要なく利用可能

クレジットカードはNFCで非接触決済
利用者側には4型のディスプレイ
店舗側には7型のディスプレイを装備
ボタンレスで利用
利用者側のディスプレイではPINコードの入力やサインに対応
店員がカードに触れずにカード決済が行なえます
クレジットカードの場合
店員にカードを渡さず支払い
利用客はクレジットカードでと伝えるだけ
NFC、IC、磁気の好きな決済手段で支払い

お店側の操作
クレジットカードを選ぶだけ
利用者側の操作で支払いが完結する
カードを客と店員の間でやり取りせずに、接触を避けられるのが特徴です
NFCでの決済(Visaタッチ決済等)は多くの場合上限が1万円
それ以上はICでの暗証番号やサインが求められます
カードによって上限が異なることがある
NFCで決済できない場合は
カードを挿入してください等のメッセージを画面に表示
店舗側もクレジットカードを選ぶだけ
NFCやIC、磁気などの支払い方法を選ぶ必要はない
カード払いで、暗証番号を入れる場合は
ディスプレイに数字を表示し、数字はランダムに表示するほか、視野角を制御して左右から見にくくすることで、セキュリティを確保しています
サインの場合も液晶画面にサインを記入する形です

クレジットカードのICチップを利用
暗証番号はランダムに表示

電子マネーは、交通系ICカードやiD、QUICPay、楽天Edy、WAON、nanacoなどに対応。交通系ICカードは「PiTaPa」もサポート可能

QRコードは、利用者側のスクリーン上のカメラで読み取るだけで完了
店舗側はQRコード決済を選ぶだけ
PayPay、d払いなどの決済手段を選ぶ必要はない(店舗側が対応している決済手段のみ)

三井住友カードが複数の国内コード決済の申し込みやオペレーション、資金精算等を取りまとめてワンストップで提供する「stera code」により実現しています
決済時に店員が決済サービスの種類を選ばなくてよく
三井住友カードが取りまとめて事業者に入金するため、資金精算の手間を省ける

QRコード
端末はパナソニック製
三井住友カードとの共同開発
stera terminalは
三井住友カードとVisa、GMO-PGによるプラットフォーム「stera」と連動し、決済端末からセンター、ネットワーク、決済事業者までを一体運営
事業者は、1台の決済端末と1カ所の申込みで導入可能!
レシートプリンターも内蔵
この一台でほぼ全てのレジ周りのソリューションを完結
本体価格は87,000円
OSには、Androidを採用し、アプリを追加して機能拡張できます
アプリは「stera market」からダウンロード可能
店舗向けPOSレジ機能を提供する「POS+(ポスタス)」
stera terminalのタッチスクリーンをPOSレジとして利用し、POSレジ+決済機能をオールインワン化できます

Androidでアプリを追加可能。「POS+」でPOS連携
免税手続き電子化アプリ、スマートデタックスは
stera terminalのカメラを活用して、パスポートを読み取り
免税電子データを作成し、国税庁指定サーバーにデータを送信
紙で行なってきた免税の手続きを電子化!

7月6日以降、全国の店舗に設置
導入予定企業
サイゼリヤ、飲食のコロワイド、ワタミ(ミライザカ・鳥メロなど)、ドラッグストアのトモズ、サンキュードラック、美容室のヘアメイクアース、カラオケの鉄人、ルスツリゾート、よみうりランド、東京サマーランド、旭山動物園

三井住友カードは
stera terminalと決済プラットフォーム決済、steraにより、
決済サービスのワンストップ化を推進、導入を勧めている