高速道路が無料で通行できる? 料金を支払わなくてもOKなの?

高速道路が無料で通行できる?
料金を支払わなくてもOKなワケとは?
日本の高速道路はいずれ無料化されるとされています
現在すでに無料で走れる区間が存在する!

そもそも高速道路の利用料?
なぜ無料区間が?
日本の高速道路は将来的に無料化される予定とされています
なぜ、莫大な建設費用のかかかる高速道路が、無料で走行できるの?

高速道路無料化は実現する?
1956年に日本道路公団が設立
当時は財政事情が厳しく、借入金による道路建設が始められました
高速道路に利用料金が発生しているのは?
この建築費用を利用者が負担する意味合いのため、建築費が相殺されたときには無料になる予定!
ただし、2014年に高速道路の有料期間を2050年から2065年へと延長する
改正道路整備特別措置法が成立したため、あと45年以上経たないと完全な無料化はできないが、すでに無料で走れる区間が存在します。一体なぜなの?
多くの無料区間は新直轄方式で作られているため!
(新直轄方式)
国と地方自治体がお金を出し合って高速道路を建設したエリアのこと
高速道路会社は費用を負担していないため、管理者である高速道路は料金を徴収する必要がないのです

無料区間は全国に存在
例としては、能越自動車「高岡ICから灘浦IC」
中部横断自動車道「佐久北ICから佐久南IC」
四国横断自動車道「西宇和島ICから宇和島北IC」
などが挙げられます。
料金所が本線上の中間地点1か所だけに設置されているタイプの道路は
料金所の手前で側道に迂回することで無料利用が可能です

新直轄方式とは別に、インターチェンジに料金所が設置できないことが理由の場合も!
千葉県の京葉道路における、「篠崎ICから市川IC間」の無料区間がこのパターンです
一般有料道路の料金は、一般有料道路を通行されるすべてのお客さまからいただくことが原則ですが、料金所を設置することが構造上難しい場所や、料金所を設置すると本線や一般道に渋滞を引き起こす懸念のある場所が生じるため、やむを得ず、料金所を設置せずに無料で通行できる区間が存在しているのです
無料区間を利用する際は
終点を把握しておくことが大切!
無料ポイントを過ぎてしまえば通常通り料金が加算されてしまうため(要注意)